So-net無料ブログ作成
検索選択
前の12件 | -

ディスカバリーファミリーch放送予定 [新着情報]

DFpressrelease2017-6.jpg
アメリカでMLPを放送しているディスカバリーファミリーchのプレスリリースその1その2によりますと、MLPシーズン7の放送はE11「ノット・アスキング・フォー・トラブル」を最後に中休みに入り、代わりに3週連続でエクエストリアガールズTVスペシャルが放送されるそうです。つまりMLP本編がすでにカナダで放送された分に追いついて新エピソードが見られるのは最短でも7/15からという事になります。
放送スケジュールを整理すると:

5/27 S7E08「ハード・トゥ・セイ・エニシング」(放送済み)
6/3  S7E09「オネスト・アップル」
6/10 S7E10「ア・ロイヤル・プロブレム」
6/17 S7E11「ノット・アスキング・フォー・トラブル」

6/24 エクエストリアガールズTVスペシャル第一話「ダンス・マジック」
7/1  エクエストリアガールズTVスペシャル第二話「ムービー・マジック」
7/8  エクエストリアガールズTVスペシャル第三話「ミラー・マジック」(最終話)

となります。
当初エクエストリアガールズTVスペシャルは「Netflixでの配信」と言われていたのですがディスカバリーファミリーchで通常MLPの時間帯に放送するとは予想外でした。
その後7/15日からMLPの新作放送が再開するのかどうか不明ですが、もしそうだとしても10/7にエピソード24放送となり、10/6公開の「MLP・ザ・ムービー」の公開の前にシーズン7を完結させることが出来なくなってしまいます。果たして連続放送という荒業を使って映画公開前に完結させるのか、それとも気にせず進行するのか、流れが読めなくなってきました。

カナダ放送予定変更 [新着情報]

MLPTreehouseSchedule.jpg
カナダのTreehouseTVでは4月29日からMLPの新作エピソードを週に二本づつ(土・日曜)放送していましたが、今日の朝に出た情報によると今週末の放送はシーズン7の最初に戻ってE01と02、来週はE03と04という予定になり、ひとまずアメリカ放送とこれ以上最新話が離れて進んでいくのが止まった事になります。
ちなみに現時点でアメリカの最新話はS7E07、カナダ最新話はS7E11
この放送形態が続くとすると7月の初めにまたアメリカの最新話を追い越してしまいますがさて一体どうなるでしょう。
これまでお伝えしたシーズン7エピソード関係の記事の中の日付はすべて変更になりますが、エピソードタイトルやあらすじの情報はもちろんそのままです。

エクエストリアガールズTVスペシャル第二話「ムービー・マジック」(ポーランド語版) [エピソード]

MLPエクエストリアガールズTVスペシャルの第二話「ムービー・マジック」は本国アメリカに先行して5月21日にポーランドで放送されました。
全3話が予定されているこのTVスペシャルはアメリカ・カナダではNetflixで配信される予定ですが、その日程はまだ発表されていません。ここではポーランド語吹き替え版から有志が翻訳・作成した英語字幕版を基に作成した日本語字幕版をご紹介します。(オリジナル英語→ポーランド語→英語字幕→日本語字幕というプロセスを経ているのでオリジナルとはニュアンスが変わっている点があるかもしれないという事をご了承ください。)

劇中で撮影されているデァリン・ドゥの映画のストーリーは、出て来る地名やアイテムの名前がここでご紹介した公式小説の第一巻のストーリーと似ています。(元はもちろんポニー世界のデァリン・ドゥの話ですが)でもこのエピソードの中でやってる内容はそもそものオマージュ元の「インディ・ジョーンズ」のパロディですね。
EquestriagirlsTVspecial2_TempleOfDoom.png
劇中に出て来るデァリン・ドゥのこの衣装は「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」でヒロインのケイト・キャプショーが着ているドレスと似ています。
今回悪役のジュニパー・モンタージュを(主にサイトワイの推理で)捕らえたHumane7達ですが、それが第三話への引きになったところでエンド…果たして次回何が起きてしまうのでしょうか。

このシリーズのポーランドでの放送は毎週日曜日の予定です。全3話のあらすじと内容の予想はこちらの記事をどうぞ。

シーズン7 エピソード11 [エピソード]

「ノット・アスキング・フォー・トラブル」日本語字幕。初放送日は2017年5月21日(カナダのTreehouseTV)でした。

S5E11「パーティー・プープド」でピンキーが門の前まで行ったのに入る事が出来なかったヤクの国ヤクヤキスタン。その国の支配者、ラザフォード王子からヤクの聖なる祭りであるイクスルバート・フェストに招待されて大喜びのピンキー。ところが祭りの最中に大雪崩が起き、ヤク達の村は雪に埋まってしまいます。
S5E11は見る人によって好き嫌いが分かれるエピソードでしたが同じ顔ぶれで送る今回は果たしてどうでしょうか。
S7E11_voicecastcredit.jpg

プリンス・ラザフォードの役は以前と同じゲイリー・チョークさん。「ビーストウォーズ」のオプティマス・プライマル(コンボイ司令官)などでも有名なカナダ声優界の重鎮です。
ピンキーパイとフラタシャイ役のアンドレア・リブマンさんはモブのヤクの声も掛け持ちしています。流石の幅の広さですね。
(この記事は執筆中です)

シーズン7 エピソード10 [エピソード]

「ア・ロイヤル・プロブレム」日本語字幕。初放送日は2017年5月20日(カナダのTreehouseTV)でした。

久しぶりにキューティーマップに解決すべき友情問題が表示されました。場所は王宮のキャンテロット城、そして指名されたのは何と初のMane6以外のポニーのスターライト・グリマー。異例続きの任務と自分が指名されない残念さで大騒ぎをするトワイライトを尻目に単身キャンテロット城に乗り込んだスターライトグリマーは、友情問題を抱えているのはセレスティアとルナのプリンセス姉妹だと確信します…
(この記事は執筆中です)
S7E10_voicecastcredit.jpg


S7E10_dreambubbles.jpg


Datbreaker.jpg


NightMareStar_CCG_Poster.jpg


Nightmarestar_Tradingcard.jpg


dreambubbles2.png


エクエストリアガールズTVスペシャル第一話「ダンス・マジック」(ポーランド語版) [エピソード]

MLPエクエストリアガールズTVスペシャルの第一話「ダンス・マジック」は本国アメリカに先行して5月14日にポーランドで放送されました。
全3話が予定されているこのTVスペシャルはアメリカ・カナダではNetflixで配信される予定ですが、その日程はまだ発表されていません。ここではポーランド語吹き替え版から有志が翻訳・作成した英語字幕版を基に作成した日本語字幕版をご紹介します。(翻訳の翻訳という変則的な字幕ですのでオリジナルとはニュアンスが変わっている点があるかもしれないという事をご了承ください。)

セリフによるとこの話は「フレンドシップ・ゲームス」と「レジェンド・オブ・エヴァーフリー」の後の話。「フレンドシップ・ゲームス」のライバル校、クリスタル学園のグループ「シャドウボルツ」の5人のうち、インディゴ・ザップを除く4人が再登場します。
Shadowbolts_lineup_EG3-8bed0.png
(どうしてインディゴ・ザップがハブられたのかは不明、声優はスターライト・グリマーと同じケリー・シェリダンさんですし…単純に人数が多すぎるから?)

このシリーズのポーランドでの放送は毎週日曜日の予定です。全3話のあらすじと内容の予想はこちらの記事をどうぞ。

さて、このエピソードのタイトルにもなっている挿入歌「ダンス・マジック」は2015年のエクエストリアガールズムービー「フレンドシップ・ゲームス」のサウンドトラックCDに入っていた本編未使用曲ですが、その音声を今回の放送の動画にミックスした動画がこちら。英語版放送を待たずに歌の部分だけ英語化出来た事になります。同じく日本語字幕付きでどうぞ。

シーズン7エピソード24のあらすじ [新着情報]

PinkieandRDsneaking.jpg
(画像はファンアート)
TVパスポートと言うサイトに載った情報によるとMLPシーズン7第24話のタイトルは「デァリン・ダン?」(クエッションマーク付き。) あらすじ:
「レインボーダッシュが好きな作家が引退を発表した。レインボーはピンキーパイを誘い果たしてデアリン・ドゥシリーズがこれで終了なのかどうか確かめようとする。」6月11日放送。
情報元ページはこちら。一番下のseason7というリンクをクリックして一覧を出します。
TVpassport.jpg

デァリン・ドゥの作者兼デァリン・ドゥのA・K・イアリングですが、とうとう引退の時が来てしまったのでしょうか?
これでシーズン7で題名未発表のエピソードは最後の二話、E25とE26だけになりました。
タグ:あらすじ

シーズン7エピソード16~23のあらすじ [新着情報]

crazytwi.jpg
TV番組ガイドサイト、Zap2Itに掲載されたMLPのS7E16~23のあらすじです。(記事中の放送日はカナダTreehouseTVの放送予定日) 

ここでお伝えした題名のみのリストと比較するとエピソード18とされていた「Daring Done」が無くなっていますが、これは製作順/放送順の変更によるもので後の放送順に回された(おそらくE24)と思われます。それに伴いエピソード番号は一つづつずれています。


●S7E18「ア・ヘルス・オブ・インフォメーション」6月17日放送。
タイトルはWealth of Information(豊富な情報)のもじり。
「フラタシャイが資材を集めるのを手伝う途中でゼコラがスワンプ・フィーバーと呼ばれる恐ろしい病気にかかった。治療法のない病気だがフラタシャイは何があってもゼコラの病気を治すと誓う。」

あらすじだけだとやたらシリアスな話に聞こえますが、果たしてどうなるのでしょうか。


●S7E19「トゥ・チェンジ・ア・チェンジリング」6月18日放送。
(「チェンジリングを変えるには」)
「スターライト・グリマーとトリクシーはトーラックスの兄弟ファリンクスに愛を分かち合う新しい生き方を受け入れ変身するように働きかける。そうなればファリンクスはトーラックスのリーダーシップに危害を与える事はなく彼の群れも最終的にトーラックスを受け入れると思われた。」

わざわざ「兄弟」と言う所を見るとチェンジリングは全員クリサリスの子供という訳でもないのでしょうか。カラフルな体の完全体にまだ変態していない個体も居るわけですね。

●S7E20「イット・イズント・ザ・メイン・シング・アバウト・ユー」6月24日放送。
「レアリティのシャンプーが間違ってゼコラの魔法の脱毛薬とすり替わってしまった。レアリティは悲惨な事になってしまったたてがみを写真撮影の期日の前に何とか元に戻そうと全力を尽くす。」

ゼコラ関連の話二本目になります。ドタバタコメディっぽいですね。


●S7E21「ワンス・アポン・ア・ツェッペリン」6月25日放送。
ツェッペリンとは大型飛行船の一般名称。
「家族とともにクルーズ船に乗るトワイライトだが、実はそのクルーズのテーマはプリンセスと過ごす体験をするためのもので客達はそのために料金を払って参加していると知って驚く。彼女は家族とクルーズの乗客を同時にもてなさなくてはいけなかった。」

S7E03では子供たちの見舞いと姪のフルーリーハートの子守りを同時にしようとしてボロボロになるトワイライトですが、またまた似たようなシチュエーションになってしまうようです。家族と言うと両親のナイトライトとトワイライト・ベルベット夫妻の事でしょうか。飛行船と言うからには空のクルーズなんですね。


●S7E22「マークス・アンド・リクリエーション」7月1日放送。
題名はシットコム番組「Parks and Recreation」のもじり。
「キューティーマーク・クルセイダーズは出来るだけ多くのブランク・フランク(キューティーマークがまだ出ない仔馬達)を助けようとキューティーマーク・デイキャンプを開催する。だが参加者の一頭がキューティーマークを望んでいないと知って驚く。」

CMCエピソード。ポニーにとって才能の証明であると同時に悩みの種でもあるキューティーマーク。そんな面倒なものは要らないと言うポニーが出て来るのも考えうることですね。


●S7E23「シークレッツ・アンド・パイズ」7月2日放送。
題名は「secrets and lies」(秘密と嘘)とひっかけてあります。
「レインボーダッシュがピンキーが作ったパイを捨てていたのを見たと思ったピンキーは、実はレインボーダッシュが密かにピンキーのパイを嫌っていたのではないかという最悪の事実を予測する。ピンキーは嘘を駆使してレインボーダッシュを捕まえようとする。」

友達の行動に疑心暗鬼となりサイコな行動に出てしまうピンキーパイ。S1E25「パーティー・オブ・ワン」を彷彿とさせるあらすじです。果たしてストレートヘアーの別人格「ピンカミーナ」は再登場するのでしょうか。

****

さて、週に新作二本というカナダのTreehouseTVでの放送形態ですがこのペースですと残りは「デァリン・ダン」を含めてあと三本、7月15日にはシーズン最終話(26話)が放送されてしまう計算になります。4月29日に突然カナダでの週二本放送が始まってから怒涛のように二か月半でシーズン全話が放送されてしまう事になりますね。当ブログでも気を引き締めて頑張りたいと思います。

タグ:あらすじ

あらすじ:S7E16 [新着情報]

RD-SL.jpg
TV番組情報サイトZap2ItによるとS7E16「キャンプファイア・テールズ」のあらすじは:
「姉妹キャンプ旅行がフライダーのせいで台無しになった。アップルジャック、レアリティ、レインボーダッシュはスウィーティベル、アップルブルーム、スクータールーに自分たちが好きな伝説の話を語る。その話に触発されて彼女たちは現状をうまく使って楽しもうとする。」6月10日放送。(カナダのTreehouseTV)
姉妹でのキャンプの話と言うとレインボーダッシュとスクータールーの心を深く結びつけたエピソードS3E06「スリープレス・イン・ポニーヴィル」を思い出しますが今回は「フライダー」のせいでそれが出来なくなってしまうようですね。フライダーと言うのが何なのか不明ですが、フライ(ハエ)+スパイダー(クモ)の合成かな?

シーズン7 エピソード9 [エピソード]

「オネスト・アップル」日本語字幕。初放送日は2017年5月14日(カナダのTreehouseTV)でした。

レアリティがカルーセル・ブティックで新人ファッションデザイナーのためのコンテストを開催する事になりました。レアリティが選んだ3頭の審査員はファッション評論家ホイティ・トイティ、写真家のフォトフィニッシュ、そしてなぜかファッションに全く知識がないアップルジャックでした…
(この記事は執筆中です)
S7E09voicecastcredit.png


Photofinish_removes_shades.jpg
初めて明かされたフォトフィニッシュの素顔。目のハイライトが一個だけですが、これは瞳の位置のせいでもう一個が隠れているだけで標準的な目でした。

シーズン7 エピソード8 [エピソード]

「ハード・トゥ・セイ・エニシング」日本語字幕。初放送は2017年5月13日(カナダのTreehouseTV)でした。

スターライト・グリマーがかつて独裁していた辺境の地の村、スターライツ・ビレッジ(アワータウン)にリンゴの配達で足繁く通うビッグマック。不審に思ったキューティーマーク・クルセイダーズがスパイした所、その理由はビッグマックが村でベーカリーを営むシュガーベルに好意を抱いているからでした。まだ心の内を告白していないと知ったクルセイダーズ達はその手助けをしようと大ハッスルですが…
(この記事は執筆中です)

劇場版の前日譚小説「ザ・ストーミー・ロード・トゥ・キャンテロット」 [書籍]

The Stormy Road to Canterlot_cover.jpg
8月1日発売予定の「The Stormy Road to Canterlot」(192ページ)という書籍は10月公開のMLP・ザ・ムービーの前に起ったストーリー(前日譚)です。出版社の内容紹介ページからあらすじをご紹介します。

「プリンセス・トワイライト・スパークルがエクエストリアで最初のフレンドシップフェスティバルの用意で忙しい間に、外部勢力が攻撃の計画を立てていた。ストームキングは彼がもっとも信頼する副官、テンペスト・シャドウ(角の折れたユニコーン)を彼女の以前の故郷の偵察に送ったのだ。だが、テンペストは以前は悪者の命に従うようなポニーではなかった…」

折れたツノ、目の傷と発表時から注目を集めていたキャラ「テンペスト・シャドウ」を掘り下げるストーリー。
米Amazonなどにはまだ登録されていないようです。
前の12件 | -