So-net無料ブログ作成

シーズン5 エピソード20 [エピソード]

「ハーツブレイカーズ」日本語字幕付き。

初放送日は2015年10月24日でした。ポニー世界のクリスマス、ハーツ・ウォーミング・イブがテーマの話です。
insidechimmney.jpg
自分が演じたハーツ・ウォーミング伝説のキャラ、チャンセラー・プディングヘッドにちなんで?煙突を通って暖炉から出てくるピンキーパイ。

twispikepet.jpg
プレゼントを前の日に開けていいというトワイライトとスパイクの間だけのならわし、家族としてのふたりの繋がりが感じられて心温まります。もらえるのは本だけみたいですけど…

この「各家族ごとにならわしも違うもの」というのが今回のテーマになっています。
なお、今回ピンキーとアップルジャックがずっと「もしかしたらイトコ同士かも」と言ってるのはS4E09「ピンキー・アップル・パイ」の話を引きずっています。

ハーツ・ウォーミング・イブはS2E11「Hearth's Warming Eve」にくわしく出てきましたね。今回はその伝承のダイジェスト版がクッキーを使った人形劇で解説されます。
cookieplay.jpg



applesandpinkie.jpg
ハーツ・ウォーミングを一緒に祝うため
ピンキーパイの実家を訪れるアップルジャック一家。

pies.jpg
ピンキーの家族は派手なピンキーと打って変わって地味で(色も生活も)、戒律的な生活をしているようです。その行動はアメリカに実際にいる禁欲的な宗教集団、アーミッシュを思わせますが、今回の話を見ると彼らの風変わりな風習は宗教のせいというより、主に農場の庭にある「ホールダース・ボールダー」という卵型の巨石に端を発するようです。

applesandrocksoup.jpg
自分たちの常識とかけはなれたパイ一家の風習に戸惑うアップル家のポニーたち。
ピンキーの姉、モードが初めてメイン5と出会う話(S4E18「モード・パイ」)の時もそうでしたが、ピンキーは自分の家族がいかに世間一般の常識から外れているのかという事をちゃんと認識していないようです。
なので今回も事前にまったく情報を与えられなかったアップルジャック達が困惑することになってしまうわけで…なんとか挽回して両家を一つの大きな家族にまとめようと頑張るアップルジャックですが、その努力が空回りして大失敗してしまうところはS3E09「アップル・ファミリー・リユニオン」での似たような失敗を思い出させます。

limeandmarble.jpg
ピンキーの姉妹、ライムストーン・パイとマーブル・パイが成長した姿で初めて登場。それぞれ怒りん坊とシャイというキャラ付けです。劇中ピンキーが「マーブル・パイはわずか数分だけ私より遅く生まれたから妹」と言っています。モードは既に初登場回S4E18「Maud Pie」でピンキーの姉とわかっています。残るライムストーン・パイは果たしてピンキーの姉なのか妹なのか、今回の情報だけでは判然としません。
ライムストーンとは「石灰岩」のことですが、彼女のキューティーマークは文字通り「果物のライム」と「石」です。
(小説版ではライムストーンとマーブルはピンキーの妹、というような表現でした)↓
1palooza.jpg
小説の中でモードだけをピンキーの「姉」と呼ぶイグニアス(父)。


maudsmile.jpg
ラストに近いシーンでアップルブルームに向かってかすかに微笑むモード・パイ。S4E18の中で唯一微笑んだのがピンキーについて話している時だけでしたので、アップルブルームはモードの大のお気に入りになれたという事でしょうか。


PTA.png
おまけ:OP後の汽車の車内にいるこの2頭は感謝祭(クリスマスではありません)を舞台にしたドタバタ・ハートウォーミングコメディの映画「大災難P.T.A.」(1987年)のスティーブ・マーティンとジョン・キャンディ。

h-alonemom.jpg
おまけ2:その前に座ってるこのキャラは「ホーム・アローン」シリーズのママ(キャサリン・オハラ)ということですがあんまり似た映像を見つけることが出来ませんでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0