So-net無料ブログ作成
検索選択

シーズン6 エピソード5 [エピソード]

「ガーントレット・オブ・ファイア」日本語字幕。初放送日は2016年4月16日でした。

エクエストリアの新しい地図に出て来た場所「ドラゴンランズ」に呼び寄せられるスパイク。この場所の背景画は3月に公開されたシーズン6のティーザー予告で初めて出て来ました。
脚本上はS2E21「ドラゴン・クエスト」に出てきた場所と同じ所という設定のようですが、今回からドラゴンランズと名前がつきました。

今回もトワイライトとレアリティがスパイクについて行きますが、今度はスパイクに頼まれての行動です。
トワイライト達は機動性ゼロに見える擬装用のかぶりものを着ているのになぜか孤島のガケの上やからくり仕掛のトラップのある洞窟の奥などに先回りしてスパイク達を待っている(しかもその度に違うかぶりもの)というのがランニングギャグになっていて、なかなか楽しいですね。

随所に「ドラゴン・クエスト」回での出来事が言及され、連続性を感じさせます。今回の悪役も同じ回に出ていた「ガーブル」です。
s6e5garble.jpg


ドラゴンランズは人間不在の「ヒックとドラゴン」といった趣ですが、北欧・バイキング的な要素はありません。多分意識して入れなかったのでしょう。
これまでまったく出てこなかったドラゴン達の社会についての描写ですが今回の話で「ポニーたちとは正反対の友情を信じない孤立主義だが、指導者に絶対服従している」という掘り下げがされました。

bluefemdragon.gif
今回のゲストヒロイン、プリンセス・エンバー。首領の娘、男勝り、負けず嫌い、しかもツンデレ…と属性山盛りなキャラクターです。果たしてスパイクは彼女と友達になれるでしょうか。

s6e5cast.jpg
声優はアリー・ミルナーという方。IMDbを見てもこれまでアニメーション声優の履歴はなく、TVドラマなどに出演している俳優・歌手の方のようです。どういう経緯でこの役に選ばれたのか興味がありますね。

s6e5twilightnotebook.jpg
フィールドノートの表紙に下手くそなスパイクの絵を描いているトワイライト。これでこそトワイ!
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

pokewan

いつも字幕ありがとうございます。
プリンセス姉妹に白い目で見られるトワイが良かったですね。
by pokewan (2016-04-17 19:45) 

お名前(必須)

翻訳お疲れ様です。
プリンセスエンバーはなかなか良いキャラでしたね。
今回の同盟は案外最終回への伏線かも?
by お名前(必須) (2016-04-17 22:56) 

Stinken

見ていただいてありがとうございます~
プリンセス姉妹の出番、よかったですね。パンケーキ?みたいな素朴な茶菓子を出していましたがトワイの手作りでしょうか。
ドラゴン達と同盟が出来たことで今シーズンのラストバトル(もしあればですが)でポニーの絶体絶命のピンチに助けに来るドラゴン軍!みたいな熱い流れも妄想してしまいますよね。
by Stinken (2016-04-18 17:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0