So-net無料ブログ作成

シーズン6 エピソード25と26 [エピソード]

「トゥ・ホエア・アンド・バック・アゲイン」パート1と2、日本語字幕つき。


シーズン6を締めくくるフィナーレの前後編エピソードです。
初放送日は北米のディスカバリー・ファミリーチャンネルでは2016年10月22日ですが、それに先立ちイギリスのTiny Popで10月6日(E25)、10月7日(E26)にそれぞれ放送されています。
この思いがけない先行放送で、放送順通り楽しみたかったファンからは不評もありましたがアメリカでの放送形態(E25とE26が連続して1時間枠で放送される)と違って前編と後編が1日置いての放送になったため、本来の演出意図である「前半を見て後半への期待が高まり、あれこれ想像する」という今まで出来なかった体験が可能になり、結果としてフィナーレをより深く楽しめるようになった気がします。

タイトルはJ.R.R.トールキン作の「ホビットの冒険」の原題「The Hobbit: or There and Back Again」のもじり。

スターライト・グリマーが住民からキューティーマークを取り上げて共同生活を強制していたイコール村こと「アワー・タウン」。
S6E25OurTown.jpg
シーズン5ラストでの風景と比べると、↓
Starlight_and_Twilight_looking_at_Our_Town_S5E26.png
スターライトが住んでいた家は取り壊され、大きな木が植えられています。
内心、住民達に自分の行動を責められ謝罪させられることを予想していたスターライトは、何の屈託もなく歓迎されたばかりか色々な事を取り決める事まで依頼され、圧政を敷いていた以前の自分が蘇りパニックを起こしてしまいます。

それを庇って村から脱出させるのはS6E06で親友になったトリクシー。キャラクターに奥行きが出て、円熟味を感じさせます。
ポニービルに戻った2頭はMane6達の様子がおかしいのに気が付きます。実は彼女達は留守の間にチェンジリングに取り替わられていたのでした。他に誰も頼るポニーが居ない今、事態の解決はすべてスターライトにかかっています。仲間は手品師トリクシーと成り行きで集まった善良なチェンジリングのトーラックス、そしてフラタシャイが誘拐されたと聞いて本気モードになった混沌の精ディスコード。

魔法で何でも出来るディスコードが味方に居れば楽勝かと思われたのですが…

S6E16で登場したチェンジリングのトーラックス。
S6E25_ThoraxAndGlimmer.jpg
他の一般チェンジリングと違って友情に目覚めそれを切望し、背中の色もほかのチェンジリングの紺色と違いクリサリスに近い緑がかった色です。果たしてトーラックスは完全体チェンジリング(ストーリーエディターのジム・ミラーさんによると新種族の名前はシーズン7で明かされるそうです)に変態し新たな王になるのが最初から決められた存在で、群れを離れての放浪の旅そしてスパイクと言う親友を見つけた事もこの変身への必要なステップだったのでしょうか。

all of it.jpg
ストーリーのクライマックスでトーラックスに「愛を吸い取られるのを拒まずすべてを分かち合え」と言うスターライト。この一瞬、表情はヴィランだった頃を思わせる勝ち誇ったものになります。これは今シーズンを通じて善なる自分とはどうあるべきなのかと悩み続けて来た彼女が回答を見つけた瞬間のように思えます。
悪から正義に変わるために自分の本質を捨てる必要はなかったのです。

chrisalisdefeat.jpg
シーズン2フィナーレで敗退して以来復讐の爪を研ぎ、同時多発的にすべてのプリンセスと王族を拉致するという遠大な計画を立て実行に成功したチェンジリングの女王クリサリス。しかしあと一歩のところで我が子(でしょうね)トーラックスと軽視していたトワイライトの弟子スターライトに成功を阻まれ、しかも自分の軍団と王国すべてを失ってしまいます。
敗北を予期した一瞬こんな表情を見せるクリサリス。悪の首領としての自信に満ちた振る舞いに隠された内面を見る思いがします。

その後シーズン5の最終話でトワイライトと和解するスターライトのシーン↓
S5E26starlightsreform.jpg
とそっくりの構図になるスターライトとクリサリス。
S6E26fakereform.jpg
しかしクリサリスは和解を拒絶し、すべての憎しみをスターライトへ向け、復讐を誓って逃走します。クリサリスならやはりこうでなくては、と思わせる反応です。果たして来年春に開始のシーズン7での再登場はあるのでしょうか。
半年足らずの間ですが、楽しみに待ちたいと思います。
今シーズンも新機軸とバラエティあふれるエピソードを提供してくれた番組スタッフに感謝いたします。ありがとうございました!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0