So-net無料ブログ作成
検索選択

【ネタバレあり】NYトイフェアでの新情報(その4) [新着情報]

GoHpromo-wonderbolts.jpg
こちらは前回ご紹介した「ガーディアンズ・オブ・ハーモニー」トイシリーズのプロモ画像ですが、ソアリンとスピットファイアが写ってますね。スピットファイアはなんだか羽がすごい事になってるように見えますが、拡大すると…
spitlauncher.jpg
こうなっていました。スピットファイア本体は羽をたたんで、6枚の羽のあるブースター?にセットされているのでした。
これはおそらくペガサスポニーをセットしてスプリングで発射するアクセサリーではないかと思われます。本編にもこんな生体ブースターが出て来たらすごいですね。

さて、次は「エクエストリア・ガールズ」のトイ関連です。
LoEF.jpg
今年の製品展開のテーマは「レジェンド・オブ・エヴァーフリー」でしたが、秋に公開される新作ムービーのタイトルも予想通り「エクエストリア・ガールズ4:レジェンド・オブ・エヴァーフリー」と発表されました。上の画像はドールの箱絵のフォーマットですが、今回から口紅が薄くなってよりアニメーション寄りになっているのが目を引きます。
今回はディスカバリー・ファミリーチャンネルで放送される前にNetflixのストリーミングで先行公開され、またムービーの最初の10分はこの夏にYoutubeで公開されるという事です。
「レインボーロックス」、「フレンドシップ・ゲームス」の時のようにプロモーション用短編ムービーが作られるのかどうかは発表がありません。

ムービーのあらすじ:「メーン6がキャンプに行くが、キャンプ場は閉鎖の危機に立たされていた。そこでメーン6は『クリスタル・ガーラ』を開催してキャンプ場を救う資金を集めようとする。」

前作「フレンドシップ・ゲームス」でサイトワイがエクエストリアのエヴァーフリーフォレストらしき場所にポータルを開いてしまうシーンがありましたが、↓果たしてこれと関係してくるのでしょうか…?
hikaku.jpg


また、以前出ていたイメージ映像↓のキャラクターですが、今回このキャラの名前が明らかになりました。
「グロリオーサ(Gloriosa)」です。
LegendofEverfree.jpg
Gloriosa.jpg
彼女がストーリーにどのように絡んでくるのかはまだ不明です。


このブース紹介動画の5:00~ぐらいからエクエストリア・ガールズの紹介が出てきますが、ブースの方が「映画の中でこの子達がみんな(フラタシャイ、トワイライト、サンセット・シマー、レインボーダッシュを指す)クリスタル・ウイングを生やしてポニーアップします」と言っていますね。

そしてこちらは年末の発売以来人気商品となっているEqGのディフォルメフィギュア、「エクエストリア・ガールズMinis」の展示です。これからも多くの新製品が出るようです。
Equestria Girls Mini Dance Party Playset.JPG
こちらは「ダンスパーティー・プレイセット」。展示ではなくプロモ写真ですが一作目の「グランド・ギャロッピング・ガーラ」を再現しているのでしょうか。
初の男性キャラ、フラッシュ・セントリーが見えます。

Minis-shimmer.jpg
こちらは待望のサンセット・シマー。第1~2作の時のコスチュームです。その他のキャラは「カフェテリア・ソング」のシーンの時のコス。
EqGminisShimmer.jpg


これは第一作のヘアサロンのシーンを再現できるプレイセット。ピンキーのカツラが交換できるシステムのようです。
EqGminis_pinkiehairdo.jpg


EqGminis-PON3.jpg
奥の方にあったDJ-Pon3も新製品。



こちらはミニサイズのフィギュアとジオラマアクセサリーのシリーズ「フレンドシップ・イズ・マジック・コレクション」の新製品の展示です。
nightmarenightscene1.jpg
今までのシリーズはアップルジャックとスイートアップルエイカーズ農場、ピンキーパイとシュガーキューブコーナ-でしたが第三弾の今回はS2E04「ルナ・エクリプスト」のシーンが再現できるナイトメアナイトがテーマ、中心になる建物はなんとシーズン4最終話で破壊されてしまったトワイライトとスパイクの思い出の我が家、ゴールデンオーク図書館です。
NMNscene.jpg
ピンキーはチキンの仮装付きですが、脱げそうな感じに見えます。

NMNcostume-ponies.jpg
プリンセス・ルナ、専用馬車そしてバットポニー。これらはおそらくセットでの販売。
シャドウボルトのレインボーダッシュ、そしてこのシリーズ初登場のピエロの扮装のメイヤーメアとダーピーも見えます。
写真下左の一団は、どうも別に展示されていたブラインドバッグのWave16↓に含まれている「当たり」フィギュアのようです。オクタヴィア(オクティヴィア)の色変えそっくりさんでバイオリン奏者のフィドリー・ファドルも見えます。既存の型を使いながら極力劇中再現をしようと努力する姿勢はいいですね。
BlindbagWave16.jpg
↓拡大。最初の列を見てみてください
mlp-w16-bli.jpg

この他、もちろん従来の植毛ブラッシュアブルドールの新製品の発表もありました。今回のNYトイフェアの総合的なまとめはMlpmerch.comのこの記事などをどうぞ。

【ネタバレあり】NYトイフェアでの新情報(その3) [新着情報]

今回は公式小説・絵本の紹介です。
Flurrydollandbook.jpg
フルーリーハートは大型の抱き人形も発売されます。
シーズン6のティーザー予告で衝撃デビューした新キャラクター、シャイニングアーマーとプリンセス・ケイデンスの娘で生まれながらのアリコーンのプリンセス・フルーリーハート。
4月12日発売のこの絵本「グッドナイト・ベビーフルーリーハート」の内容は:
「かわいくて面白いこの絵本では、両親になったプリンセス・ケイデンスとシャイニングアーマーがかわいいベビーのアリコーンを寝かしつけるための完璧なベッドタイム・ストーリーを見つけようと一生懸命になります。」
作者は前ハズブロスタジオ副社長で2017年の劇場版MLPムービーのプロデューサーを務めるマイク・フォーゲルさん、イラストはIDWコミックアーチストのエミー・メバーソンさんです。全40ページと絵本としては長編。
mlp-goodnight-baby-flurry-heart.jpg

firstalicornbaby.jpg
これは少し前に出た株主プレゼン用スライドショーの映像ですが、これもこの絵本からのもののようです。

この絵本でシーズン6放送前にフルーリーハートがどんなキャラなのか予習が出来るかもしれません。

現在、日本のAmazonなどで予約注文ができます。
http://www.amazon.co.jp/My-Little-Pony-Bedtime-Picture/dp/0316389625/

以下はNYトイフェア以前に出ていた情報ですが、その他のLittle,Brown社から出る公式MLP小説についてもリストアップしておきましょう。

cadencebook.jpg
○ザ・プリンセス・コレクション 「プリンセス・ケイデンス・アンド・ザ・スプリング・ハーツ・ガーデン」

作者はおなじみG・M・ベローさん。
4頭のプリンセスを四季をテーマに描くこのシリーズ3冊目。ケイデンスは「春」になりました。残るプリンセス・トワイライトは秋ということになりますね。
5月17日発売。
http://www.amazon.co.jp/My-Little-Pony-Princess-Collection/dp/0316389307/

○スターライト・グリマー編(題名未定)

シーズン5のキーキャラクターだったスターライト・グリマー単独の小説。
作者はG・M・ベローさん。
8月2日発売。


○エクエストリアガールズ6(仮題)

6というのは「EqG6番目の本」という意味です。
内容は「フレンドシップ・ゲームス」の後を描くオリジナルストーリー。
サイトワイがキャンテロット高校に転校するためにクリスタル学園を去ります。
作者はパーディータ・フィンさん。
5月3日発売。
2/27追記:題名は「トワイライツ・スパークリー・スリープオーバー・サプライズ」になったようです。(訳すと『トワイライトのキラキラお泊りパーティードッキリ作戦』…とでもいう感じでしょうか)
スリープオーバーとはお泊りパジャマパーティーの事。「レインボー・ロックス」の中でピンキーの部屋でやっていたあれですね。
http://www.amazon.co.jp/My-Little-Pony-Equestria-Girls/dp/031626699X/

○マイリトルポニー:エクエストリアガールズジャーナル
Celestia_and_Luna_still_unimpressed_EG2.jpg
セレスティア校長とルナ副校長(日本語吹き替え版では「教頭」)がキャンテロット高校の学生だった頃の日記という設定。果たしてどんな生徒だったのでしょうか。
作者はMLP本編ライターのナターシャ・レビンジャーさん、絵はIDWコミックアーチストのヘザー・ナーファーさん。
6月7日発売。
http://www.amazon.co.jp/My-Little-Pony-Equestria-Journal/dp/0316267325

【ネタバレあり】NYトイフェアでの新情報(その2) [新着情報]

遅れましたがNYトイフェア新情報まとめの続きです。

トイフェアに合わせて、2017年11月3日公開の劇場版「ザ・マイリトルポニー・ムービー」に女優のエミリー・ブラントさんが声の出演をすることが発表されました。どんなキャラクターを演じるのかは明かされていません。
実はこの情報は以前から情報サイトで出ていた内容ですが、今回公式発表となりました。
過去にヴィクトリア女王やファンタジー映画のプリンセスを演じてきた彼女の役が果たして何になるのか大いに気になりますね。
huntsman-emily-blunt-ice-queen.jpg


次はお待ちかね、トイ関連です。

FStrain.jpg
こちらは劇中でおなじみフレンドシップ・エキスプレス列車。以前にバッテリーで動くバージョンも出ていましたが今回の製品は劇中デザインに忠実です。この画像では以前の貨車も連結されていますので互換性があるようです。ただ、車輪は薄くてフランジ(つば)がないのでレールで遊ぶのはできなさそう。機関士姿のトワイライトが付属するようです。(自分で汽車を運転して出かけていくプリンセス...)
このアイテムはいままでの通常トイ(植毛ブラッシュアブルなピニール製ドール)のラインですが、デザインや劇中再現を重視するコンセプトに下の「ガーディアンズ・オブ・ハーモニー」ラインとの共通点を感じましたのでここで紹介しました。

そして今回の一番のニュース、MLPの新しいトイシリーズ「ガーディアンズ・オブ・ハーモニー」です。

GoHmatome.jpg
昨年あたりから「トイに男児用・女児用の表示をやめよう」と言うジェンダーフリーの動きがマクドナルドや大手スーパーのターゲット等から出て来たわけですが、その流れに乗るには「ブロニー現象」に代表される性別・年齢を超えたファン層を持つMLPが最適、という判断なのかどうか、MLPの新トイシリーズの「ガーディアンズ・オブ・ハーモニー」は今までのMLPトイではありえなかった「怒り顔」で鎧と大きな武器を装着したトワイライト、ポニーが背中に乗って武器をミサイルのように発射できるギミックのついた「巨大スパイク」など、老舗のハズブロとしては信じられないほど大胆な展開になっています。
MLP-Guardians-Figure-and-Friend-Princess-Twilight-Sparkle-and-Changeling-.jpg

また、バトル遊びには敵が必要という事かナイトメア・ムーンやクリサリス、手下のチェンジリングなどがラインアップされているのも特徴。
造形も今までのビニール製ドールとは次元の違う彫りの深いもので、香港のデザイナートイなどの影響を感じさせるオシャレでPOPな印象。
パッケージも今までのピンク主体を一掃、女の子っぽさを排したものになっていて、男児の保護者にも買いやすく、また興味を持った大人のユーザーやトイコレクター層にもアピールするものとなっています。
MLPのコミックを出しているIDWからも連動してコミックシリーズが出る予定ですが、製品封入レベルのミニコミックなのか通常の32ページコミックブックのフォーマットなのかなどはまだ不明です。
また、「My Little Pony」のロゴは2017年公開の劇場版のタイトルロゴのように紫主体(ちょっと違いますが)。
MLPTM2017.jpg


「ビッグドラゴンスパイク」の箱にはポニーキャラがたくさんレイアウトされていますが、その中にはポニー形態のサンセット・シマーも。
shimmeronbox.jpg


こちらの公式プレスリリース(pdf)によりますと商品の売り込み文句は:

「愛されているブランド、マイリトルポニーから『ガーディアンズ・オブ・ハーモニー』シリーズが登場します。
アニメーションから着想した着色がされ、素晴らしい可動と造形を持ったフィギュア群がこの新しいアクションアドベンチャーを下敷きにしたシリーズのラインアップです。
ファンに人気のキャラクター、ディスコード、スピットファイア、ソアリン達にハローという用意をしましょう!
ハズブロスタジオで制作されディスカバリー・ファミリーチャンネルから放映されている番組『マイリトルポニー:フレンドシップ・イズ・マジック』にインスパイアされたこれらのフィギュアとプレイセットですべての年齢のファンが、それぞれ考えた創造的なストーリーを演じることに魅了されるでしょう。」
GoHpromo-wonderbolts.jpg


以下、プレスリリースを元にした各商品の説明です。発売時期はいずれも今年の秋。
各アイテムには実際に身につけることができるバッジが付属します。
上の文に出てくるディスコード、スピットファイア、ソアリンのトイの製品紹介はまだありません。
Badges.jpg


「ビッグドラゴンスパイク」は全長36センチ、小売価格40ドル。
ライトとサウンドギミックつきで、連動して「ファイアボール」(ミサイル)を口から発射します。
ミニスパイクフィギュア付属、アーマーは着脱可、ミサイル3個とバッジつき。
本編S2E10で巨大化・凶暴化した時のスパイクが元になっているようですが、トイとしてどういうバックストーリーがあるのかは不明です。
bigdragonspike.jpg
bigspikepackage.jpg
鞍に乗せるポニーの後ろ足をはめて安定させるようです

SAonBigSpike.jpg



「プリンセス・セレスティア&ナイトメア・ムーン」アソートメント
小売価格20ドル。それぞれ別売り。
この製品は可動フィギュアというより固定ポーズのスタチューのようですが、「太陽と月を昇らせるポーズを何種類も再現可能」とあります。羽や足の付け根に動くような隙間がありますね。いずれもオーラのたてがみを表現した巨大なクリヤーパーツが大迫力です。
歯を食いしばったナイトメア・ムーン、敵を睨みつけるプリンセス・セレスティア。躍動感あるポージングとリアルな表情造形です。まるでファンがカスタムで作った作品のようです。
これまでこういう感じのハイエイジ・コレクター向けのMLPアイテムはキャラクターグッズ専門店のWeLoveFineなどから展開されていますが、いよいよ本家ハズブロがこのジャンルに乗り出したというところでしょうか。早く手に取ってみたいものです。
GoH_NMMandPC.jpg
見たところ尖ったパーツが多いですが、他のトイと同じく「対象年齢4歳以上」と表示されています。軟質プラスチックなのでしょうかね。
箱をよく見るとこの2アイテムだけ「ガーディアンズ・オブ・ハーモニー」の下に「ファンシリーズ」と入ったロゴを使用しています。これはより年齢が上のコレクターをターゲットにしたサブシリーズ?とも思えますが、上記の通り対象年齢の表示は他のアイテムと同じ。
GoH-NMMbox.jpg



「ガーディアンズ・オブ・ハーモニーフィギュア&フレンドフィギュア」アソートメント
小売価格15ドル。それぞれ別売り、可動部あり。


プリンセス・トワイライト・スパークル:
羽が可動、チェンジリングのフィギュアとセット。アクセサリー付き。大型の敵を挟む武器、槍、バッジのようです。
GoHangryTwi.jpg
すごく怒ってます


クイーン・クリサリス:
上の「ビッグドラゴンスパイク」と対になるアイテムのようです。
アクセサリー、発射武器、バッジ付き。
Chrisalisbox.jpg

箱にあるのはツノに車輪みたいな武器をセットしてしっぽを下げると首が動いて前方に発射される、という写真です。「PUSH」と4回書いてありますがこれは試作品のため、本来なら4ヶ国語になるはずの説明が全部英語になってるんでしょうね。車輪は靴を介して前足にもつけられます。転がして遊ぶ用でしょうか。説明に書いてありませんが写真には剣とマスク、そしてアーマーを着たスパイク(小)も写っています。
Guardians of Harmony Chrysalis MLP.jpg

ChrisalisWithCowl.jpg

Chrisalis_and_Spike.jpg


「フィギュア」アソートメント
小売価格10ドル、それぞれ別売り。
各9箇所の可動あり。(頭、首根本、前足付け根、ひじ、後足付け根、しっぽ付け根でしょうか)キャラ性格にマッチするアクセサリーとバッジ付き。
closeup.png


レインボーダッシュ:
ワンダーボルト・ゴーグル付き。説明に書いてありませんが写真には亀のタンクと剣も写っています。
MLP-Guardians-of-Harmony-Figure-Asst-Rainbow-Dash-.jpg


ピンキーパイ:
パーティーキャノン付き。書いてありませんがゴムのチキン(ボーンレス)、ヘルメットも付くようです。
GoHpinkie.jpg


シャドウボルト:
S1E02に出てきた悪の飛行隊、シャドウボルツの一員。ずーっと後になって「エクエストリアガールズ:フレンドシップ・ゲームス」の敵チームの元ネタになりましたね。
稲妻型の剣付き。写真にはコカトリスも写っています。
MLP-Guardians-of-Harmony-Figure-Asst-Shadowbolt-.jpg



シャイニングアーマー:
アーマー付き。写真には盾と槍も写っています。
GoHshiny.jpg


今までの女児向けから両性・全年齢向け(ブロニー向け)に大胆に舵を切ったこの「ガーディアンズ・オブ・ハーモニー」シリーズ、果たしてジェンダーフリーの世相を追い風に主流になっていけるのか、市場でどのように受け入れられるかが非常に注目されます。日本でも手に入りやすくなってくれるといいのですが…

こちらの記事でもっと写真が見られます。
http://kotaku.com/your-annual-dose-of-toy-fair-friendship-and-magic-1759079026

http://www.usatoday.com/story/life/tv/2016/02/10/my-little-pony-guardians-of-harmony-exclusive/80103638/

こちらはトイフェアのハズブロブースの紹介動画。

(続く)

【ネタバレあり】NYトイフェアでの新情報(その1) [新着情報]

先週末に開催されたニューヨークトイフェアに合わせてMLP関連で多くの情報がリリースされましたが、新情報が出きったようなのでお伝えしてみたいと思います。

以下はハズブロが開いたMLPパネルの模様。写真・動画撮影は禁止だったため伝聞情報のみですが、複数証言を基に流れを追ってパネルを再現してみたいと思います。
(敬称略)

パネラーはハズブロ女児トイ文芸担当のメーガン・マッカーシーと重役のクリスチャン・ライリー。

○性別を超えてポニーが愛されているという事実が今や重要になってきた。

○ヨーロッパの影響力あるファッションデザイナー達は継続してポニーを宣伝してくれている。

○「ガーディアンズ・オブ・ハーモニー」のアクションフィギュアとアクション強調プレイのターゲットは男児、女児そして大人である。

○「ガーディアンズ・オブ・ハーモニー」ではファンに人気のキャラが今までなかった切り口で発売される。
-(アーマーや武器テーマの事か?)
-IDWコミックとの連動がある。

○ビデオ画面で咆哮するスパイク、そして「黙りなさい!」というレアリティ(?)が映される。トイ展開の中の「ヒーロー・アイテム」は番組のあるエピソードから着想を得たものという。どのエピソードなのかは明かされず。
14555029556.jpg
果たしてトイの写真にあるこれらのエンブレムのことでしょうか。


○ナイトメア・ムーンとセレスティアの衛兵達は番組のパイロットエピソード(S1E01-02)からインスパイアされた。

○メーガン・マッカーシーによるシーズン6の説明。

-たくさんの新キャラクター、ファン人気のキャラクター、そして音楽。

○シーズン6のアニマティック動画が試写される。

○その内容
-ミュージカルセグメント、ハーツウォーミングイブ(クリスマス)のシーン。
-バックグラウンド(モブ)ポニー達がMane6と協力して飾り付けをする。
-ダーピーがプレゼントの箱を落としてレアリティをイラッとさせる。そしてクリスマスの星を頭につけ、樹の枝に隠れる。
-Mane6全員とキューティーマーク・クルセイダーズが歌う。

(アニマティック試写終了、スライドショーに移行)

○ギャビーという名のグリフォンの新キャラクターが登場、「グリフォンはキューティーマークを持てないのかどうか」というエピソードに絡んで出てくるらしい。

○新ドラゴンキャラクター(複数)登場、1頭はメス。

○顔にヒゲ、マユゲに特徴のあるポニーキャラがたくさん出る。(スライドで例を表示)

○ピン(バッジ)コレクターのポニーが言及される。
(詳細不明ですがトイについてくるバッジと関係あるかも)

○メインハッタン出身の乱暴者のポニーキャラが言及。

○新ドラゴンキャラ、女の子のドラゴンも。

○新ポニーキャラ「コットンキャンディ・フェイス」。

○壮大なストーリーで2017年の劇場版ムービーに引き継がれる。
(この表現だとTVシリーズはシーズン6で完結?)

○これから多くの新声優キャストの発表がある。

(MLPについてのパネルはここで終了)

(参考:エクエストリア・デイリー、4chan、Twitter)
(続く)

ミニイベント「マイリトル秘密基地」 [イベント]

MLH1.jpg
アメリカではポニーファンのためのイベントが数多く開催されていますが、日本でも「ジャパンポニーコン」が2013年から開催され、毎回規模が大きくなり盛況となっています。
さて、そんな大きなイベントの足元にも及びませんが私が運営に関わっているミニイベント「マイリトル秘密基地」が今週の2月11日(祝)に横浜で開催されます。ジャパンポニーコンのようなポニー全ジャンル向けのイベントではなく、MLPにインスパイアされた立体物の展示や製作者さんを集めて一般のファンや興味を持った方との親睦を深めていただくのが主な目的の、テーマを絞ったイベントになります。
実はこれで通算3回目になりますが、毎回オフ会のような打ち解けた雰囲気で楽しめるとの嬉しいご意見を頂いています。


会場の都合であまり大人数は入場できませんが、今現在まだ若干の余裕がありますので興味がある方はどうぞご参加下さい。
イベントの詳細と参加表明ができるページはこちら
なお、上記ページからの参加表明にはTwitterのアカウントが必要ですが、お持ちでない方はこのブログ記事にコメントする形でもかまいません。