So-net無料ブログ作成
検索選択

シーズン7予告クリップその3 [新着情報]

日本時間で今日の未明にディスカバリーファミリーchのツイッターアカウントで公開されたシーズン7の新予告編です。日本語字幕付きでどうぞ。

最初に公開された予告クリップでトワイライトが悩んでいる理由はこれだったようですね。
MLPシーズン7は4月15日から放送開始です。

「ベビーフルーリーハーツ・ハートフェルトスクラップブック」新作 [新着情報]

ピンキーがベビーフルーリーハートに絵本を読んで聞かせるというコンセプトのMLPプロモーション動画シリーズの「ベビーフルーリーハーツ・ハートフェルトスクラップブック」は2016年に8本が公式MLPチャンネルで公開されましたが、なぜか「パート6」だけ欠番になっていました。そして今になってやっとそのパート6「ハーツウォーミング・イブ」編が公開されました。

構成はいつもの通り、本編(ハーツウォーミング・イブがテーマの回)からの素材にフェルトのようなテクスチャーを加えて切り張り・再編集、そしてピンキー役のアンドレア・リブマンさんがスーパーハイテンションのナレーションを加えた手間のかかったものです。特筆すべきは実写のクッキー(ジンジャーブレッド)で作ったポニー達とウィンディゴーの人形劇で語られるハーツウォーミング・イブの由来の説明のシーン。S4E20「ハーツブレイカーズ」の中でアップルジャックがアップルブルームに由来を語る部分とそっくりです。
howequestriawasmade.jpg
Gingerbread_flag_has_a_bite_taken_out_of_it_S5E20.jpg

実はこれ、放送当時シーズン監督のジム・ミラーさんがTwitterで「このシーンは本物のお菓子を使ってやりたかったけど時間がなかった」と言っていた事があるので、今回見事にリベンジを果たしたことになります。(あるいは、その時の作りかけの素材を完成させたのかも。)
季節外れのハーツウォミング・イブ(クリスマス)をお楽しみください。
その他のこのシリーズの動画はこちらをどうぞ。

シーズン7第3話・第4話あらすじ [新着情報]

Flurry_Heart_sneeze.jpg
maudpinkie.jpg
MLPを放送しているディスカバリーファミリーチャンネルの四月の放送内容プレスリリースにS7E03・04のあらすじが載っています。

S7E03「ア・フルーリー・オブ・エモーションズ」
ぎっしり詰め込んだ一日の予定を立てたトワイライトだが、その上プリンセス・フルーリーハートの子守まで引き受けてしまった。フルーリーの起こすトラブルを防止して「最高のおば」でいるために大奮闘する。
4月22日放送。

前シーズンの初回でデビューしたケイデンスとシャイニングアーマーの娘、フルーリーハートですがその後これと言った活躍もしませんでした。
決して赤ちゃんの世話に慣れているとは言えないトワイライトがフルーリーハートに振り回されてしまうのでしょうか。

S7E04「ロックソリッド・フレンドシップ」
モードがポニービルに引っ越すかも知れないと聞いたピンキーはモードの目に映るポニービルをいい所に見せるため必死で演出しようとする。
4月29日放送。

ロックソリッドとは「岩のように堅固な」と言う意味。
シーズン4から登場したピンキーの姉ですっかり人気キャラになったモードパイが再登場。せっかくなので他のピンキーの姉妹のマーブルパイとライムストーンパイにも顔見せして欲しいものです。声優はモードと同じ方ですし。

シーズン7予告クリップその2 [新着情報]

日本時間今日未明にディスカバリーファミリーch公式アカウントからツイートされたMLPシーズン7の30秒プロモ動画。高めのターゲット年齢層を狙っているようです。字幕付き。

season7promocap.jpg
サンバーストとともに床に魔方陣を描いて開いた暗黒の空間に吸い込まれるスターライト・グリマー。しかし、それを見ているセレスティアとトワイライトも居ます。これはもしかすると、S7E01「セレスティアル・アドバイス」の中でトワイライトの生徒でなくなってしまったスターライトがその後どうなるのかをシミュレーションして見せているのかもしれません。
使われている「トロン・レガシー」風のドラマチックな音楽はたぶん予告編用の素材音楽で、本編とは関係ないと思われます。

シーズン7新情報と予告クリップ [新着情報]

日本時間の今朝MLP公式フェイスブックに投稿されたシーズン7の予告クリップです。日本語字幕付きでどうぞ。
パーティー(スターライトたちの首の勲章を見ると多分シーズン6の最後でスターライト・グリマー達がエクエストリアを救った手柄の表彰式)の席上でスターライトの卒業宣言をするトワイライト。でもなにか裏事情があるようです。
S7E01_starlight_with_medal.jpg

オリジナルはこちら
ディスコード役のジョン・デランシーさんは一時「シーズン7には出演していない」と言っていましたがこの通りちゃんと出ていました。

一部で今シーズンから動画制作ソフトウェアが劇場版と同じToonboom Harmonyに変更になるのではないかと言われていましたが、このティーザーを見ると今まで通りFlash8のようです。

その他の新情報も記載しておきます。情報源のディスカバリー・ファミリーchのプレスリリースはこちら
放送は前情報通り4月15日、1時間枠で2話連続放送ですが、今回のE01・E02は「セレスティアル・アドバイス」と「オール・ボトルド・アップ」とこれまでのシーズンで初めて前後編ではない別々の話になっています。

各エピソードのあらすじは、

S7E01「セレスティアル・アドバイス」 スターライトの将来について思い悩むトワイライトは自らの師であるプリンセスセレスティアに助言を求める。その助言はトワイライトが心から必要としているものだった。

S7E02「オール・ボトルド・アップ」 Mane6が友情の瞑想をしている間に友情マップを紛失してしまうスターライト。ポニー達がマップを探す間にスターライトはトワイの怒りが爆発するのを恐れ、それを抑える魔法をかける。

今シーズンもスターライト・グリマーがいろいろ引っ掻き回すようですね。

同じくプレスリリースからの情報で、既出の情報であるTV俳優のウィリアム・シャトナーさん(宇宙大作戦スタートレックのカーク船長役)とフェリシア・デイさん(バフィー 〜恋する十字架〜、スーパーナチュラルなど)のゲストも公式に発表されました。また、この二人については「それに加え夏の終わりに放送される特別なエピソードにも出演する。」と書いてありますがこれはゲスト回が一回だけではなく共演回もあるという意味でしょうか。
今シーズンには「レインボーダッシュのテンションの高すぎる(直訳:熱狂的すぎる)両親」も出て来るそう。「AJの両親の回想エピソードがある」と言う別情報を含めて、これでMane6の両親がすべて話中に出て来る事になります。
音楽については「5曲の新しい歌」があるそうです。今までのシーズンに比べるとずいぶん少ないように思えますが作曲担当のダニエル・イングラムさんが劇場版と掛け持ちな事を考えると仕方ないかもしれませんね。
4月15日の放送まであと一か月、期待が膨らみます。

MLP劇場版新情報まとめ [新着情報]

新着と言うには遅まきながらですが、ここで今秋10月6日に北米で公開されるMLP劇場版「マイリトルポニー・ザ・ムービー」の新情報を情報初出時の私のツイートも交えてまとめてみたいと思います。
MLPTMguests.jpg
これまでハリウッドやTVで活躍する有名俳優のゲストの名前は上がっていましたが、2月10日頃から演じるキャラの画像と名前もネットで発表されました。
それでは左上から時計回りにご紹介します。

◎リーヴ・シュレイバー(ザ・ストームキング)
この映画のメイン悪役のようです。
「ガーディアンズ・オブ・ハーモニー」シリーズのトイ(固定ポーズ)も発表されました。
stormkingfifure.jpg
その後の情報から、背景はキャンテロットの市街地と推測されます。
lievandfigure.jpg


◎エミリー・ブラント(テンペスト・シャドー)

アーマーを着た角の折れたユニコーンで、着ているアーマーにはストームキングと同じマークがあります。

また、NYトイフェアで展示されたトイでは氷のミサイル?を発射できる飛行艇とセットでパッケージされていました。上の画像と比べるとたてがみの形が違うので別シリーズのようです。


◎テイ・ディグス(キャッパー)

猫のキャラクター。既存のMLP世界の猫とは違って服を着て二足歩行しています。「ガーディアンズ・オブ・ハーモニー」シリーズと思われるフィギュア(固定ポーズ)も発表されました。


◎クリスティン・チェノウェス(プリンセス・スカイスター)

この映画で初登場する種族「シーポニー」のプリンセス。下の「クイーン・ノヴォ」の娘。




◎マイケル・ペーニャ(グラバー)

ストームキングのおともキャラの動物。何の種族なのかは不明です。

◎ゾーイ・サルダナ(キャプテン・セラエノ)

海賊船長。これもまた二足歩行する動物キャラで、一見オウムのようですが背中に羽はなく、またイアリングをつける耳があります。
義足は指輪と同じ、エメラルド製の棒?何か由来がありそうです。
celaeno.jpg


◎ウゾ・アドゥバ(クイーン・ノヴォ)

上記プリンセス・スカイスターの母で、シーポニーのリーダーと思われます。クリサリスのように「クイーン」と呼ばれるキャラは悪役、という先例がありますが果たしてどうなのでしょう。



映画の内容についてですが、実はあらすじが去年からポーランドの映画情報サイトの記事に既出だったことが発見されました。
また、一連の新情報からは漏れていましたがその後のNYトイフェアで新たなキャラ、「ストラタス・スカイレンジャー」というヒポグリフ(グリフォンと雌馬の間に生まれるという空想の動物)のトイが「ガーディアンズ・オブ・ハーモニー」シリーズで発売されることがわかりました。大型トイなので本編に出ないと言う事も考えにくいですが、どういうキャラでどのようにストーリーにからむのかは不明です。
stratusEqD.jpg
stratus2.jpg


公式小説トリクシー編 [書籍]

MLPの公式小説、今回はトリクシー編「トリクシー・アンド・ザ・ラズル・ダズル・ルース」です。
Trixie_and_the_Razzle-Dazzle_Ruse_cover.jpg
Trixie_and_the_Razzle-Dazzle_Ruse_backcover.jpg
最初は2016年2月に刊行と告知されましたが1年以上延期され今年の3月7日に発売されました。
その甲斐あって?去年放送されたシーズン6での出来事が反映され物語中に出て来ています。なので、これはシーズン6が終わった後のお話と言う事になります。

いつものようにふらりとポニーヴィルにやって来たトリクシー。でも今回は野宿をする代わりにトワイライトのお城に向かいます。S6E06で親友になり、シーズンフィナーレで共にクリサリスを倒してエクエストリアを救ったスターライト・グリマーに会うためです。
トリクシーはエリートマジシャンのクラブ、「スターメイン・ソサエティ」に入るために会員を感心させる必要があり、何か大技のマジックを模索していました。そのためにスターライトに力を貸してほしいと言うのです。
次の日、新しいマントを注文するためにレアリティのカルーセル・ブティックを訪れるトリクシー。交渉はうまく行くかに思えたのですがうっかりテーブルにつまづいてレアリティがサファイア・ショアーズ用のステージ衣装にかけていた「金の刺繍」の魔法を自分の右前足に受けてしまい、しかもステージ衣装にコップの水をぶちまけてしまいます。大失敗。
それでもめげずにポニービルでのマジックショウの準備をするトリクシー。笛でドラゴンを召喚してくすぐって笑わせ、ドラゴンの高熱の涙を降らせるというスペクタクルな出し物「ドラゴンの涙」を観客の前で試してみようと言うのです。心配する助手役のスターライト・グリマーを尻目に自信満々のトリクシー。
幕が上がりスターライトの吹いた笛でドラゴンが召喚されますが、パフォーマンスの途中でトリクシーの前足が突然重くなるとともに透明になり光り始めます。パニックになるトリクシー。
スターライトは素早く機転を利かせてホースで水を撒いて水のカーテンを作り、ドラゴンの吹く炎が美しい虹色に光って観客は大喝采します。ステージは問題なく終わるのですが観客のひとりが地面に高価な宝石「グロウパズ」が落ちていると言い、ほかの観客もグロウパズを拾い始めます。実はトリクシーの光る前足には触れるものをグロウパズに変える魔力が備わっていたのでした。
それには気付かずに、トリクシーは今度は光る前足をマジックショウの出し物にしようと考え、ひとりでスターメイン・ソサエティの例会があるキャンテロットに出発してしまいます。しかし、トリクシーのクリスタル化した前足は放っておくと全身に広がり、ついにはトリクシーはクリスタルの像になってしまうのです。それに気づいてトリクシーを追うスターライトとトワイライト。果たしてトリクシーの運命やいかに?

G・M・ベローさんが描く安定したクオリティのストーリー。何をやらかしてもめげずにチャレンジし続けるトリクシーの性格は本編通りで、思わず応援したくなってしまいます。セリフを読んでいると彼女の鼻にかかった声が聞こえて来るようです。シーズン6本編でのスターライトとトリクシーのやりとりが気に入った方には絶対のおすすめです。読みやすい文なので英語ノベルの入門用にもいいですね。
あと、ロータスとアロエの働いているポニービルのデイ・スパの店名は「ラティーダ・スパ」La Ti Da Spaと言うらしいです。
日本Amazonの商品ページはこちら。
https://www.amazon.co.jp/My-Little-Pony-Razzle-Dazzle-Chapter/dp/0316301639/
記事投稿時点では「1~4か月以内に発送」になっていますが、実際には割と早く届くことが多いです。