So-net無料ブログ作成

CNBronyCon(中国ポニーイベント) [イベント]

CNBonyCon.jpg
各部門で成長目覚ましい中国ですが、この度本格的なMLPコンベンションが開催されるようです。
こちらが中国の広州で7月29-30日に開催される「CNBronyCon2017」のサイト。会場は空港近くのホテルでアクセスは良さそうです。
フラッシュセントリーとスターライト・グリマーの声優さん達(ビンセント・トンさんとケリー・シェリダンさん)を実際に現地ゲストとして呼ぶとの事。

チケットに多くのグレードがあってグレードが高くなるほど色々な特典が付くというのもBABSCONなどの欧米のポニーイベントのシステムをなぞっていますね。
CNbronycon_tickets.jpg
各グレードの名前もどこかで聞いた事があるような名前のが多いです。
一番上のグレード「アリコーン」の特典の内訳は上から:

2日間入場券
DJナイト入場券
カタログ(コンブック)
オリジナルTシャツ
トートバッグ
限定バッジ
WEBサイトにスポンサー表記
マグカップ
マスコットOCぬいぐるみ
青焔(台湾のアーチスト)制作のぬいぐるみ
開閉幕式で表彰
オリジナルタオルとオリジナルマグネット
(おそらく声優さんの)サインチケット2枚
(おそらく声優さんとの)フォトチケット2枚
優先入場権
(おそらく声優さんと)ディナーできる権利
カタログにOCが出る権利
PWシリーズの等身大ぬいぐるみ

となっています。ぬいぐるみが3個、しかもそのうち一個は等身大!
このアリコーンクラスのチケットの値段は8888人民元なので大体14万4千円となりますが中国の富裕層MLPファンならばポンと出せる価格なのかもしれません。
一番安いチケットは1600円。

各種チケットは通販サイトtaobaoの専用ページから購入するシステム。
CNBronycon_taobao.jpg
ホテルは一日あたり一室約5000円、一人当たり約2500円となっています。
欧米のポニーイベントに行くよりはハードルが低いですね。中国旅行に自信のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
(このブログではネット上で得た情報のみを元にこの記事を構成しましたので、このイベントの実際の信用度、開催の確度などについての責任は負う事が出来ません。予めご了承ください。) 中国語協力:こんがりトーストさん

ナース・レッドハートの新しいキューティーマーク [考察]

NRH-S7E03.jpg
シーズン7第3話の冒頭に出て来たナースポニー、シーズン1からのキャラクターの「ナース・レッドハート」と思ったのにその後帽子のマークとキューティーマークが写って「?」となった方も居たのではないでしょうか。そう、マークが変更になっているのです。
帽子はともかくお尻のマークまで別物になってしまうとは…
Nurse_Redheart_S1E04.png
これまでのマーク

なお、今回の劇中でナース・レッドハートの名前は呼ばれませんが、アメリカでの放送のクローズドキャプション(聴覚障碍者向け英語字幕)ではちゃんと名前が表示されていました↓ので確かに同じキャラで間違いありません。
S7E03_closed_captions_nurse_redheart.jpg

このマークは実は2014年に植毛ブラッシャブルトイでこのキャラが発売になった時のものを踏襲しています。
NRH.jpg
NRH2.jpg
トイにした時になぜこのマークに変更になったのかという理由は公表されていませんが、赤十字マーク及び類似するマークの第三者の使用を制限する法律に抵触、あるいはそれを避けるために自主的に変更されたと推測されます。つまり「大人の事情」という訳ですが、一部の考察派のファン達によると「これはシーズン5フィナーレでスターライト・グリマーが時間軸を改変した影響が完全に修正されていない証拠」だそうで、暴走気味の考察ですがこれはこれでイマジネーションをかき立ててくれます。
なお、ナース・レッドハートの声優はタバサ・セントジャメインさんの以前のツイートでAJ/レインボーダッシュと同じアシュレー・ボールさんと判明していましたが…
tabitha on redheart voice.png
S7E03_voicecasts.jpg
今回の話ではアップルジャックもレインボーダッシュも出ていなかったのできちんとエンドクレジットに単独で表示されていましたね。(一番下の行)

プロモ動画「レアリティのブティックの裏側拝見」 [新着情報]

MLPシーズン7に合わせて放送局のディスカバリー・ファミリーchで放送されたプロモーション短編動画シリーズ「Rarity's Peek Behind the Boutique」の1本目はこちらでご紹介しましたが、3本が出揃いましたので改めてまとめて日本語字幕付きでご紹介します。長さはいずれも1分30秒ほど。
プロモ動画としては大変豪華な作りで、このプロモをさらに予告するCMがあった事からもディスカバリーファミリーchの力の入れ方がわかります。
レアリティのセリフは本編と同じタバサ・セントジャメインさんの新録、しゃべっているカットは新作動画(少なくとも口パクは新規)、説明部分の絵は過去のエピソードから内容に合う要素を持って来て画像加工してうまく編集してあります。
1本目「Fashion Do's and Don'ts」は2017年4月8日に初放送されました。

この中にキャラたちが(雑な)身長の目盛りの前に並んでいるシーンがありますが単位がフィートだと仮定するとトワイライトの身長は約3フィート(91センチ)と言う事になりますね。
suspects.jpg


2本目「Fashion vs. Function」はシーズン7初回が放送になった2017年4月15日初放送。

この中では今まで未公開だったS4E08「Rarity Takes Manehattan」のファッションショウのドレスの設定画と思われる画像が使われています。
hotel chic.jpg

3本目「Customer Critiques」は2017年4月22日初放送。


ところでMLP番組監督のジム・ミラーさんによるとこのプロモの製作にはMLP本編を制作しているスタジオdhxは関与していないとの事。
上記のように設定資料や動画の素材アセットにアクセスがなければ制作できない内容だけに、これは意外な発言ですね。そこらへんはハズブロ側がまとめて管理しているのでしょうか。
なお、この3本の脚本はニコール・デュバックと言う方が担当。これまでMLPに関わっていなかった方ですがレアリティの性格や過去に劇中で起こった事などをよく把握していて好感が持てます。
この方のツイートによると最近のMLPプロモ動画の「ベビーフルーリーハーツ・スクラップブック」シリーズはマイク・フォーゲルさん、「フレッシュプリンセス・オブ・フレンドシップ」はジョッシュ・ハーバーさんがそれぞれ脚本担当だったそうです。

シーズン7 エピソード3 [エピソード]

「ア・フルーリー・オブ・エモーションズ」日本語字幕付き。初放送日は2017年4月22日でした。

はしかに似た伝染病で学校のクラスが閉鎖になり生徒が全員入院。仔馬達を元気づけようとお見舞いに行くことにするトワイライトですが、その準備をしようとしていると突然シャイニングアーマーとケイデンスが現れます。ポニービルの旧友に会いに来たのでその間娘のフルーリーハートの子守りをして欲しいと言うのです。
すでにスケジュールが一杯のトワイライトですが、姪のフルーリーの「最高のおば」でありたいと願うあまりスパイクの反対を押し切って子守りを引き受けてしまいます…
赤ちゃんにあれこれ振り回されてドタバタするだけの回かと思いきや、フルーリーは可愛いだけでなく赤ちゃんなのにけんかの仲裁をしようとしたり、ちゃんと物の道理がわかっているように振る舞って好感度大幅アップです。この子は将来大物になるに違いありません。
彼女をあやして最高のおばであろうと大奮闘するトワイライトの魅力も満載、ケイデンスとシャイニングアーマーもキャラの掘り下げがされていて、大変充実したエピソードとなりました。冒頭と病院のシーンに出て来るナース・レッドハートのキューティーマークについては別記事を書きましたのでそちらをご覧ください。
劇中でトワイライトが仔馬達に読み聞かせる本の題名は「ガスティ・ザ・グレート」。
TwilightReadingGustyTheGreat.jpg
G1GustyToy.png
ガスティと言う名のユニコーンとグローガーと言うヴィランが登場する話ですがガスティとグローガーはG1のMLPのアニメに出て来たキャラで、本の表紙にはトイのガスティが描かれています。
G1gusty.png
GroGar.jpg
ただし、私の記憶ではG1アニメでガスティとグローガーはこの劇中話のような絡み方をした事がないと思います。

シーズン7 エピソード1と2 [エピソード]

S7E01「セレスティアル・アドバイス」とS7E02「オール・ボトルド・アップ」日本語字幕つき。
初放送日は2017年4月15日で、E01とE02が一時間枠で連続で放送されました。シーズンの最初の2話が前後編ではなく、独立した別々のエピソードになるのはシーズン7が初めてです。
第1話は「セレスティアル・アドバイス」。

シーズン6を通じてトワイライトの元で弟子として友情を学ぶことになったスターライト・グリマーはトリクシーと親友になり(S6E06)、シーズンフィナーレではチェンジリングに侵攻された上に全プリンセスが拉致され不在と言う絶体絶命の危機を自ら結成したチームを率いて見事に解決するという目覚ましい進歩を見せました。
この手柄で勲章を授与される事になったスターライトですが、その会場でディスコードにスターライトはもう生徒を卒業すべきではないかと言われ、そんな事は考えた事すらなかったトワイライトはショックを受けてしまいます。
話中でスターライトをどこに派遣しようかと考えるトワイライトが使う、仮定の空想をバーチャル映像にして見られる魔術が演出として効果的に使われています。このおかげでS6E05のゲストキャラ、ドラゴン国のプリンセス・エンバーをまた見ることが出来ますね。

Celestia___you_wouldn't_need_me_anymore___S7E1.jpg
エピソードのタイトルにもなっているプリンセス・セレスティア。演出のせいもあってか、今までとかく影の薄い存在でしたが今回は弟子の事で思い悩むトワイライトに、自分がトワイライトの師だった頃を重ね合わせて心からのアドバイスを与えるという重要な役を表情豊かに演じます。これからもセレスティアそしてルナにスポットを当てたエピソードを見てみたいものです。

G
今回セリフはありませんがこんな芝居をしてファンサービスをしてくれるプリンセス・ルナ。

Princess_Celestia_lowering_the_sun_S7E1.jpg
こちらはセレスティアがトワイライトがまだ幼い頃に彼女の将来についてキャンテロット城と城下町を見下ろす丘の上で(あるいは城がくっついている山の頂上?)で思い悩むシーン。初登場のロケーションです。

S7E01_voicecasts.jpg
この回の声の出演クレジット画面はこちら。

Season7NewLogo.jpg
今回からオープニングの番組タイトルロゴが劇場版と共通の紫を基調にしたジェンダーフリーの物に変更になりました。この色のロゴはかなり前からトイ、コミックその他の関連商品で使われていましたがいよいよ本家でも使用開始と言う事になります。

Season7NewIntro.jpg
また、オープニングの中で主要キャストが集合写真を撮るシーンにも変更がありました。このシーンにスターライトが加わったのはシーズン6からですが、シーズン6の時は困り顔だったスターライトが今回から笑顔になっています。
S

そして最後のオチに出て来て会場の後片付けを一瞬で済ませるピンキーの掃除機。飾り付けを一瞬でするパーティーキャノンとセットになる機械でしょうか。パーティーキャノンと同じような車も付いています。
Pinkie_pushes_vacuum_into_dining_hall_S7E1.jpg

第2話は「オール・ボトルド・アップ」。

ユニコーンでありながら大した魔法が使えなかったトリクシーですが、スターライトに手ほどきを受けて物をティーカップに変える魔法に成功するとがぜんやる気満々に。意欲が出たトリクシーにMane6が留守の間のトワイライト城で本格的に魔法を教えるスターライトですが、トリクシーはテレポート魔術を失敗して魔法の円卓地図「キューティーマップ」をどこかに飛ばしてしまいます。全く反省しない上にイライラさせる事ばかり言うトリクシーに怒り心頭のスターライトですが、ここで怒っては友達を失ってしまうと無理に怒りを我慢してその「怒りの雲」をガラス瓶に封じ込めるのですが…
yaytrixie.jpg

前シーズンで出会い、親友になったスターライトとトリクシー。この2頭の会話ややり取りは見ていて本当に楽しいですね。Mane6達と実際にどのぐらい年齢が違うのかは劇中では提示されませんが大人の女子力あふれる関係という感じです。でも「大人」とは言えまだまだ友情レッスンが足らないこの2頭が引き起こす事件はこれからも期待できそうです。
glimmer_trixie_blah.jpg

Mane6が歌う曲「Best Friends Until the End of Time」が劇中に挿入されていますが、今シーズンでは新曲は「全5曲」とすでに発表されています。今までのシーズンと比べて少ないのは、作曲担当のダニエル・イングラムさんが劇場版MLPとかけもちで作業した為だと思われます。
S7E02_voicecasts.jpg
トリクシー役のキャスリーン・バーさんが筆頭の声の出演クレジット。

今回のシーズンプレミアは過去の6シーズンのように大事件が起こるわけでも新たなヴィランが登場するわけでもない、ポニー達の日常を描いたエピソード2本だったわけですが私はアクションや壮大な物語の要素がなくて残念とは思わずに、むしろこれこそが最近のMLPに不足していた成分ではなかったのかと思いました。この雰囲気がシーズン7の基調になるとしたら、毎週リラックスしてポニー達の日常のエピソードを楽しむことが出来ますね。
アクションアドベンチャーはこのシーズンの完結直後に公開が控えている「MLP・ザ・ムービー」に任せて、毎週末のMLPの放送を楽しみに半年を過ごしたいと思います。

BABSCON2017参加 [イベント]

daisymane-poniko&goldengates.jpg
アメリカのサンフランシスコで今週末金曜~日曜に開催されるMLPのファンイベント、バブスコンに今回も日本から参加の有志チーム一行とともに行ってまいります。
これで私は初回から4回連続で参加と言う事になります。会場ホテルに宿泊する予定ですが、可能な限り会場からツイートでレポートしたいと思いますのでどうぞ右のパネルの私のツイートをチェックして下さいね。
今回はおととしの第2回と同じくMLPの新シーズンの放送開始と重なる日程になりますのでかなりの盛り上がりが期待できます。また、日本のポニーイベント「ジャパンポニーコン」のマスコット、「ポニコ」の着ぐるみを持ち込みアメリカのファンと親交を深めていきたいと思っています。
イラストは同行するDaisymaneさんの作品です。

レアリティのプロモ短編動画 [新着情報]

4月8日にディスカバリーファミリーchで公開されたMLPのプロモ短編「Rarity's Peek Behind the Boutique Fashion Do's & Don'ts」です。日本語字幕付きでどうぞ。

シーズン7放送を15日に控えて盛り上がっている所に投入されたファッション番組のパロディのような新作ショートムービー。今週末には同じシリーズでもう一本「Fashion vs. Function」が公開されるそうです。オリジナルはこちら。レアリティがしゃべっているカットはリップシンク新作の動画、説明部分は過去放送のエピソードのアセットを再使用していますがなかなかいいセンスの編集。水彩画風のフィルターもいい味を出しています。
なお、このプロモは3月28日頃にギリシャ語吹き替え版が先行して公開されていました。
MLPシーズン7放送まであと5日!

MLP・ザ・ムービーの最初の予告編公開 [新着情報]

日本時間今日未明に公開された劇場版MLP、「マイリトルポニー・ザ・ムービー」のティーザー予告編です。

こちらはフランス語版。

既報の通りTV版で使われているFlash8に代わって新しい動画ソフトToonBoom Harmonyが導入された事により、動画がクラシックな2Dセルアニメーション風になりました。ただし今回の予告編ではポニー達をじっくり見ることは難しい演出になっているので一見しただけでは「丸っこくなって影がついてる」ぐらいしかわかりませんね。
F
キャラの顔の影が濃くて目にクマが出来てるように見える、との声もありましたが美術監督のレベッカ・ダートさんのツイートによればこれは画像の変換ミスだという事です。
こちらは動画特殊効果担当のマイケル・ガニエさんのコメント。
大画面で見るとキャラのリップシンク(口パク)が全然合っていませんが、これはたぶん本編から持ってきた別のセリフを言ってる動画に予告用のセリフを合わせているのが原因と思われます。
MLPTMpegasi3.jpg
MLPTMpegasi2.jpg
MLPTMpegasi.jpg
画面を目まぐるしく飛び回るこの4頭のペガサスは、今まで本編に出て来た事がない新キャラのようですが果たしてどうなのでしょうか。ピンクで紺色のたてがみのキャラはG1時代のメインキャラだった「ファイアフライ」の配色を思わせます。
Firefly-and-Megan.PNG
ムービー公式のフェイスブックアカウントではティーザーポスターも公開されました。コピーは「友情はいろんな色でやって来る。」
MLPTMteaserposter.jpg

「マイリトルポニー・ザ・ムービー」はアメリカで10月6日公開予定です。

シーズン7エピソード5~8あらすじ [新着情報]

BigMacLove.png
MLPを放送しているディスカバリーファミリーchの5月放送内容のプレスリリースにMLPのS7E05-08までのあらすじが載っていましたのでご紹介します。

S7E05「フラタシャイ・リーンス・イン」
特別なポニー達の助けを借りて夢の職につく事を決意するフラタだが自分の理想を通すためには戦う事が必要だった。5月6日放送。

S7E06「フォエバー・フィリー」
スウィーティーベルの記念日を彼女が好きなゲームなどをして楽しませようとするレアリティだが、妹がいつまでも子供ではない事に気付く。5月13日放送。

S7E07「ペアレンタル・グライダンス」
レインボーダッシュがワンダーボルト隊員と知った彼女の両親はすべてのショーに現れ応援するようになった。ダッシュはそのあまりの熱狂を恥ずかしく思い、追いつめられてしまう。5月20日放送。

タイトルは「ペアレンタル・ガイダンス」(親による指導)と言う言葉と単語グライド(滑空)をひっかけたもの。
レインボーダッシュの両親が初登場。これまでシーズン3の回想シーンでレインボーダッシュと一緒に居る虹色のたてがみのオス「レインボー・ブレイズ」が父親ではないかと言われていましたが、この話で出て来る両親はレインボーダッシュの一生の夢である「ワンダーボルト入隊」というニュースすら教えてもらえないほど疎遠なようですので、レインボー・ブレイズは父親ではないという事になります。
ちなみに去る二月のNYトイフェアのパネルでハズブロ女児部門文芸担当重役のメーガン・マッカーシーさんが語った情報によると両親の名前はウインディ・ホイッスルズ(母)とボー・ホットフーフ(父)。

S7E08「ハード・トゥ・セイ・エニシング」
ビッグマックが初恋に落ちた?!それを聞いたキューティーマーク・クルセイダーズは彼がライバルのフェザーバングより先にシュガーベルのハートを射止めるのを絶対助けると誓う。5月27日放送。

タイトルは1989年の恋愛映画「セイ・エニシング」のもじり。今まで本編中でチアリー先生やピンキーの妹のマーブル・パイとカップル、またはカップル未満になった事のあるアップルジャックの兄のビッグマックですが、「初めて」惚れる相手が旧イコール村のお菓子屋さんシュガーベルとは予想が付きませんでした。
sugarbell.jpg
全てはCMCの勘違いと言う線もありますが、果してどうなるのでしょうか。