So-net無料ブログ作成

エクエストリアガールズ・デジタルシリーズ「ハッピリー・エヴァーアフターパーティー」 [エピソード]

2017年12月30日にディスカバリーファミリーチャンネルのアプリのコンテンツとしてエクエストリアガールズ・デジタルシリーズが5本公開されました。いずれも三種類の後半部分を視聴者が選ぶことによってストーリーを変えられる「ユー・チューズ・ザ・エンディング(あなたが選ぶエンディング)」と言うインタラクティブ作品で、5本のうち1本は以前Youtubeで公開された「ベスト・トレンズ・フォエバー」、そして残りの4本は初公開の新作でした。この4本で学芸会のストーリーアークは完結のようです。今回は最後の一本「ハッピリー・エヴァーアフターパーティー」をご紹介します。

劇は大喝采のカーテンコールで幕を下ろし、ガールズ達は打ち上げパーティーに。ところがキューティーマーク・クルセイダーズの3人は浮かない顔です。パーティーで上映しようと劇のハイライトやメイキングの写真を撮ってスライドショウを作ったのに、クランキー・ドゥードル先生がプロジェクターを貸してくれないというのです。
アップルジャック、レアリティ、レインボーダッシュから一人選んで何とかプロジェクターを手に入れましょう。
3種類の選択をした場合の動画(日本語字幕付き)をそれぞれフルでどうぞ。

最初はアップルジャックを選んだ場合。

アップルジャックは頑固に粘って交渉するつもりだったのですが、クルセイダーズ達はプロジェクターが部屋に置いてあるのに気づきこっそり持ち出そうとします。


こちらはレアリティを選んだ場合。

法廷に挑む弁護士さながらのレアリティ、弁舌をふるって(よくわからない理屈をこねて)プロジェクターを取り上げようとしますが…
「法廷シーン」ではBGMが法廷ドラマ「ロー&オーダー」風になります。


そしてこちらがレインボーダッシュを選んだ場合。

レインボーダッシュの作戦はクルセイダーズ達が理由をつけて先生を部屋からおびき出している間に忍び込んでプロジェクターを盗み出すというもの。でもうっかり先生に数学の問題を教えて欲しいと言ってしまったクルセイダーズは…

さてスライドショウですが、ここまでのエピソードからパラレルで同じ時間軸では起こらなかったはずのシーンも含めて色々な場面が記録されています。(例えば、「オープニング・ナイト」では「オール・ザ・ワールズ・オフステージ」でトワイライトを選択した場合の背景の移動法が採用されていますが今作のスライドショウにはピンキーを選択した場合の「風船で作った背景」の写真も出てくるといった調子です。エクエストリアガールズではこの「ユー・チューズ・ザ・エンディング」シリーズ以降は誰が何をしたのかいちいちパラレルになって話が面倒になりそうですね。

nice!(1)  コメント(0)