So-net無料ブログ作成

カナダ放送予定変更 [新着情報]

MLPTreehouseSchedule.jpg
カナダのTreehouseTVでは4月29日からMLPの新作エピソードを週に二本づつ(土・日曜)放送していましたが、今日の朝に出た情報によると今週末の放送はシーズン7の最初に戻ってE01と02、来週はE03と04という予定になり、ひとまずアメリカ放送とこれ以上最新話が離れて進んでいくのが止まった事になります。
ちなみに現時点でアメリカの最新話はS7E07、カナダ最新話はS7E11
この放送形態が続くとすると7月の初めにまたアメリカの最新話を追い越してしまいますがさて一体どうなるでしょう。
これまでお伝えしたシーズン7エピソード関係の記事の中の日付はすべて変更になりますが、エピソードタイトルやあらすじの情報はもちろんそのままです。

シーズン7エピソード24のあらすじ [新着情報]

PinkieandRDsneaking.jpg
(画像はファンアート)
TVパスポートと言うサイトに載った情報によるとMLPシーズン7第24話のタイトルは「デァリン・ダン?」(クエッションマーク付き。) あらすじ:
「レインボーダッシュが好きな作家が引退を発表した。レインボーはピンキーパイを誘い果たしてデアリン・ドゥシリーズがこれで終了なのかどうか確かめようとする。」6月11日放送。
情報元ページはこちら。一番下のseason7というリンクをクリックして一覧を出します。
TVpassport.jpg

デァリン・ドゥの作者兼デァリン・ドゥのA・K・イアリングですが、とうとう引退の時が来てしまったのでしょうか?
これでシーズン7で題名未発表のエピソードは最後の二話、E25とE26だけになりました。
タグ:あらすじ

シーズン7エピソード16~23のあらすじ [新着情報]

crazytwi.jpg
TV番組ガイドサイト、Zap2Itに掲載されたMLPのS7E16~23のあらすじです。(記事中の放送日はカナダTreehouseTVの放送予定日) 

ここでお伝えした題名のみのリストと比較するとエピソード18とされていた「Daring Done」が無くなっていますが、これは製作順/放送順の変更によるもので後の放送順に回された(おそらくE24)と思われます。それに伴いエピソード番号は一つづつずれています。


●S7E18「ア・ヘルス・オブ・インフォメーション」6月17日放送。
タイトルはWealth of Information(豊富な情報)のもじり。
「フラタシャイが資材を集めるのを手伝う途中でゼコラがスワンプ・フィーバーと呼ばれる恐ろしい病気にかかった。治療法のない病気だがフラタシャイは何があってもゼコラの病気を治すと誓う。」

あらすじだけだとやたらシリアスな話に聞こえますが、果たしてどうなるのでしょうか。


●S7E19「トゥ・チェンジ・ア・チェンジリング」6月18日放送。
(「チェンジリングを変えるには」)
「スターライト・グリマーとトリクシーはトーラックスの兄弟ファリンクスに愛を分かち合う新しい生き方を受け入れ変身するように働きかける。そうなればファリンクスはトーラックスのリーダーシップに危害を与える事はなく彼の群れも最終的にトーラックスを受け入れると思われた。」

わざわざ「兄弟」と言う所を見るとチェンジリングは全員クリサリスの子供という訳でもないのでしょうか。カラフルな体の完全体にまだ変態していない個体も居るわけですね。

●S7E20「イット・イズント・ザ・メイン・シング・アバウト・ユー」6月24日放送。
「レアリティのシャンプーが間違ってゼコラの魔法の脱毛薬とすり替わってしまった。レアリティは悲惨な事になってしまったたてがみを写真撮影の期日の前に何とか元に戻そうと全力を尽くす。」

ゼコラ関連の話二本目になります。ドタバタコメディっぽいですね。


●S7E21「ワンス・アポン・ア・ツェッペリン」6月25日放送。
ツェッペリンとは大型飛行船の一般名称。
「家族とともにクルーズ船に乗るトワイライトだが、実はそのクルーズのテーマはプリンセスと過ごす体験をするためのもので客達はそのために料金を払って参加していると知って驚く。彼女は家族とクルーズの乗客を同時にもてなさなくてはいけなかった。」

S7E03では子供たちの見舞いと姪のフルーリーハートの子守りを同時にしようとしてボロボロになるトワイライトですが、またまた似たようなシチュエーションになってしまうようです。家族と言うと両親のナイトライトとトワイライト・ベルベット夫妻の事でしょうか。飛行船と言うからには空のクルーズなんですね。


●S7E22「マークス・アンド・リクリエーション」7月1日放送。
題名はシットコム番組「Parks and Recreation」のもじり。
「キューティーマーク・クルセイダーズは出来るだけ多くのブランク・フランク(キューティーマークがまだ出ない仔馬達)を助けようとキューティーマーク・デイキャンプを開催する。だが参加者の一頭がキューティーマークを望んでいないと知って驚く。」

CMCエピソード。ポニーにとって才能の証明であると同時に悩みの種でもあるキューティーマーク。そんな面倒なものは要らないと言うポニーが出て来るのも考えうることですね。


●S7E23「シークレッツ・アンド・パイズ」7月2日放送。
題名は「secrets and lies」(秘密と嘘)とひっかけてあります。
「レインボーダッシュがピンキーが作ったパイを捨てていたのを見たと思ったピンキーは、実はレインボーダッシュが密かにピンキーのパイを嫌っていたのではないかという最悪の事実を予測する。ピンキーは嘘を駆使してレインボーダッシュを捕まえようとする。」

友達の行動に疑心暗鬼となりサイコな行動に出てしまうピンキーパイ。S1E25「パーティー・オブ・ワン」を彷彿とさせるあらすじです。果たしてストレートヘアーの別人格「ピンカミーナ」は再登場するのでしょうか。

****

さて、週に新作二本というカナダのTreehouseTVでの放送形態ですがこのペースですと残りは「デァリン・ダン」を含めてあと三本、7月15日にはシーズン最終話(26話)が放送されてしまう計算になります。4月29日に突然カナダでの週二本放送が始まってから怒涛のように二か月半でシーズン全話が放送されてしまう事になりますね。当ブログでも気を引き締めて頑張りたいと思います。

タグ:あらすじ

あらすじ:S7E16 [新着情報]

RD-SL.jpg
TV番組情報サイトZap2ItによるとS7E16「キャンプファイア・テールズ」のあらすじは:
「姉妹キャンプ旅行がフライダーのせいで台無しになった。アップルジャック、レアリティ、レインボーダッシュはスウィーティベル、アップルブルーム、スクータールーに自分たちが好きな伝説の話を語る。その話に触発されて彼女たちは現状をうまく使って楽しもうとする。」6月10日放送。(カナダのTreehouseTV)
姉妹でのキャンプの話と言うとレインボーダッシュとスクータールーの心を深く結びつけたエピソードS3E06「スリープレス・イン・ポニーヴィル」を思い出しますが今回は「フライダー」のせいでそれが出来なくなってしまうようですね。フライダーと言うのが何なのか不明ですが、フライ(ハエ)+スパイダー(クモ)の合成かな?

タイランドポニーコンで上映されたMLP・ザ・ムービーのクリップ [新着情報]

TPClogo.jpg
今年の4月8日にタイのバンコクで開催されたポニーイベント、「タイランドポニーコン2017」でハズブロの協力で10月にアメリカで公開の「MLP・ザ・ムービー」の未公開クリップが試写されたようです。
試写の間は撮影などが禁止されていたため画像はありませんが、開催者が発表したイベントの様子をまとめた英文レポートにその様子が書かれていますのでその部分だけを抜粋してご紹介しましょう。
なお、原文の英語があまり正しくないので私が意味を推測して補った部分があります。
原文はこちらなどに掲載されています。

●最初のクリップは予告編で、先に公開されたものとは違うものだった。
ほぼ完成したアニメーション、素晴らしい演出、フレームレートは高く背景はデティールに富んでいた。
キャラクターアニメーションはとても生き生きとしてスムーズだった。
またこのクリップにはSIAを含むゲストスターによるいくつかの新曲が含まれていた。

●第二のクリップは予想外な内容で、映画的なフィーリングにあふれていた。
ペガサス達がどこかを目指して飛び、画面はオーケストラ音楽とともにエクエストリアでの生活を描写していた。そして最後に「My Little Pony the Movie」のロゴが出て終わった。それは映画のオープニングシーンだったのだ。

●第三のクリップは映画から切り出されたミュージックビデオで、完成状態ではなくアニマティック状態だった。
***と***が歌を歌い、___がウッドドラムを演奏していた。(伏字は原文のまま)
とてもディズニー的(モアナ、アナと雪の女王、アラジンを思い出させる)であなたは決してがっかりしないだろう。

●「エクエストリアガールズ5」がすでにハズブロによって確認されているとのアナウンスがあった。
(訳者注:これが果たして今年放送のTVスペシャル3本の事なのか、それとも新たなムービーの事なのか不明ですが、この日の時点ですでにTVスペシャルの情報は出回っていたので後者なのでしょうか。)

このイベントから1か月以上経ちましたがこれらのクリップが他のルートで公開されるのはいつになるのでしょうか。

シーズン7のエピソードタイトル [新着情報]

この記事でお伝えしたようにシーズン7の放送ではカナダが先行することになり、6月10日放送分、エピソード16までの放送スケジュール(変更の可能性もあるそうです)が出ています。
その情報の提供者GeorgeQGregさんはそれ以降のエピソードのタイトルも明らかにしています。MLPのポータルサイト、エクエストリア・デイリーによると各エピソードタイトルが正しいと言う裏付けを確かなソースから取ったと言う事ですが、どこのどういうソースなのかは明らかにしていません。


Episode 17 Campfire Tales
「キャンプファイア・テールス」
↑これはすでに6月10日放送と情報が出ているエピソードですが、その情報ですとこれはエピソード16となります。エピソードの製作順と放送順が違うのは良くある事ですので、以下のエピソード18~22は放送順にすると17~21となるはずです。
なお、これらのエピソードについては現時点でタイトルのみ判明していて、あらすじなどはわかっていません。また、6月10日以降も土曜・日曜に新作を放送する体制が続くのかについても不明ですので放送日も未確定になります。

Episode 18 Daring Done
「デァリン・ダン」
デァリン・ドゥをもじったタイトル。当然彼女が登場するストーリーと思われます。

Episode 19 A Health of Information
「ア・ヘルス・オブ・インフォメーション」
タイトルはWealth of Information(豊富な情報)のもじり。

Episode 20 To Change a Changeling
「トゥ・チェンジ・ア・チェンジリング」
(「チェンジリングを変えるには」)

Episode 21 It Isn’t the Mane Thing About You
「イット・イズント・ザ・メイン・シング・アバウト・ユー」

Episode 22 Once Upon a Zeppelin
「ワンス・アポン・ア・ツェッペリン」
ツェッペリンとは大型飛行船の一般名称。

airship.jpg

シーズン7エピソード11~17のあらすじ [新着情報]

MLP55-cover .jpg
ちょっとネタかぶりな6月発売の公式コミック№55の表紙。

シーズン7の11~17話のあらすじがアメリカのTVガイドサイトのZap2itに掲載されました。
リスト中の放送予定日は現在エピソードを週に二本のペースで先行放送しているカナダの放送予定になっているようです。また、リスト中ではエピソード番号がE16~E20となっていますがここではすでに判明済みの「E11=ノット・アスキング・フォー・トラブル」と言う情報を元に放送順で番号を振りなおしています。

E11「ノット・アスキング・フォー・トラブル」
ピンキーパイがラザフォード王子の居るヤクの国ヤクヤキスタンを訪れた時、雪崩で一つの田舎村が埋められてしまう災害が起こる。ピンキーは他のポニー達に助けを求めに行こうと言うがプライドの高い王子とヤクたちはそれを拒む。5月21日放送。
S5E11に出てきたヤクヤキスタンの王子、プリンス・ラザフォードとヤクの国ヤクヤキスタンが登場。ただしヤクヤキスタンは入り口の門しか出なかったので実際にどんな所なのか見られるのは今回が初めてになります。


E12「ディスコーダント・ハーモニー」
ディスコードがお茶会にフラタシャイを家に招待するが、フラタシャイの居心地が悪いのではないかと心配するあまり家と自分自身の姿を変え始め、悲惨な事になってしまう。5月27日放送。
ディスコードの家はS5E07が初出ですが確かに普通の神経だと居心地が悪そう。


E13「ザ・パーフェクト・ペア」
アップル兄妹は両親達のラブストーリーを聞き、彼らが半分ペア(梨)家の血筋と知る。5月28日放送。
事前情報でも出ていた過去エピソード。死去した(と今まで劇中でほのめかされている)アップルジャック達の両親のなれそめを描くストーリー。「ロミオとジュリエット的な話」と言う情報も出ていました。ペア(梨)とペア(対になるもの)をひっかけたタイトル。


E14「フェイム・アンド・ミスフォーチュン」
トワイライトは「フレンドシップ日記」を出版するが、それを読んだポニー達が「誰が一番いい友情レッスンを書いたか」という口論を始めるという思いがけない結果を招く。6月3日放送。
フレンドシップジャーナルとはS4でMane6達が書いていた友情レッスン交換日記の名前。その日記を本にして出版した…と言う設定なのでしょう。


E15「トリプル・スリート」
スパイクはうっかりエンバーとトーラックスを同じ日にポニービルに招待してしまった。両名のリーダーが仲が悪いに違いないと思ったスパイクは全力を尽くして彼らを分離してもうひと方がポニービルに居ると気付かせまいとする。6月4日放送。
S6E05以来のスパイク回のようです。「スパイクメイン回ではポンコツになるスパイク」と言うジンクスをS6E05で破ったスパイクですが、果たして今回は?

プロモ動画「レアリティのブティックの裏側拝見」 [新着情報]

MLPシーズン7に合わせて放送局のディスカバリー・ファミリーchで放送されたプロモーション短編動画シリーズ「Rarity's Peek Behind the Boutique」の1本目はこちらでご紹介しましたが、3本が出揃いましたので改めてまとめて日本語字幕付きでご紹介します。長さはいずれも1分30秒ほど。
プロモ動画としては大変豪華な作りで、このプロモをさらに予告するCMがあった事からもディスカバリーファミリーchの力の入れ方がわかります。
レアリティのセリフは本編と同じタバサ・セントジャメインさんの新録、しゃべっているカットは新作動画(少なくとも口パクは新規)、説明部分の絵は過去のエピソードから内容に合う要素を持って来て画像加工してうまく編集してあります。
1本目「Fashion Do's and Don'ts」は2017年4月8日に初放送されました。

この中にキャラたちが(雑な)身長の目盛りの前に並んでいるシーンがありますが単位がフィートだと仮定するとトワイライトの身長は約3フィート(91センチ)と言う事になりますね。
suspects.jpg


2本目「Fashion vs. Function」はシーズン7初回が放送になった2017年4月15日初放送。

この中では今まで未公開だったS4E08「Rarity Takes Manehattan」のファッションショウのドレスの設定画と思われる画像が使われています。
hotel chic.jpg

3本目「Customer Critiques」は2017年4月22日初放送。


ところでMLP番組監督のジム・ミラーさんによるとこのプロモの製作にはMLP本編を制作しているスタジオdhxは関与していないとの事。
上記のように設定資料や動画の素材アセットにアクセスがなければ制作できない内容だけに、これは意外な発言ですね。そこらへんはハズブロ側がまとめて管理しているのでしょうか。
なお、この3本の脚本はニコール・デュバックと言う方が担当。これまでMLPに関わっていなかった方ですがレアリティの性格や過去に劇中で起こった事などをよく把握していて好感が持てます。
この方のツイートによると最近のMLPプロモ動画の「ベビーフルーリーハーツ・スクラップブック」シリーズはマイク・フォーゲルさん、「フレッシュプリンセス・オブ・フレンドシップ」はジョッシュ・ハーバーさんがそれぞれ脚本担当だったそうです。

レアリティのプロモ短編動画 [新着情報]

4月8日にディスカバリーファミリーchで公開されたMLPのプロモ短編「Rarity's Peek Behind the Boutique Fashion Do's & Don'ts」です。日本語字幕付きでどうぞ。

シーズン7放送を15日に控えて盛り上がっている所に投入されたファッション番組のパロディのような新作ショートムービー。今週末には同じシリーズでもう一本「Fashion vs. Function」が公開されるそうです。オリジナルはこちら。レアリティがしゃべっているカットはリップシンク新作の動画、説明部分は過去放送のエピソードのアセットを再使用していますがなかなかいいセンスの編集。水彩画風のフィルターもいい味を出しています。
なお、このプロモは3月28日頃にギリシャ語吹き替え版が先行して公開されていました。
MLPシーズン7放送まであと5日!

MLP・ザ・ムービーの最初の予告編公開 [新着情報]

日本時間今日未明に公開された劇場版MLP、「マイリトルポニー・ザ・ムービー」のティーザー予告編です。

こちらはフランス語版。

既報の通りTV版で使われているFlash8に代わって新しい動画ソフトToonBoom Harmonyが導入された事により、動画がクラシックな2Dセルアニメーション風になりました。ただし今回の予告編ではポニー達をじっくり見ることは難しい演出になっているので一見しただけでは「丸っこくなって影がついてる」ぐらいしかわかりませんね。
F
キャラの顔の影が濃くて目にクマが出来てるように見える、との声もありましたが美術監督のレベッカ・ダートさんのツイートによればこれは画像の変換ミスだという事です。
こちらは動画特殊効果担当のマイケル・ガニエさんのコメント。
大画面で見るとキャラのリップシンク(口パク)が全然合っていませんが、これはたぶん本編から持ってきた別のセリフを言ってる動画に予告用のセリフを合わせているのが原因と思われます。
MLPTMpegasi3.jpg
MLPTMpegasi2.jpg
MLPTMpegasi.jpg
画面を目まぐるしく飛び回るこの4頭のペガサスは、今まで本編に出て来た事がない新キャラのようですが果たしてどうなのでしょうか。ピンクで紺色のたてがみのキャラはG1時代のメインキャラだった「ファイアフライ」の配色を思わせます。
Firefly-and-Megan.PNG
ムービー公式のフェイスブックアカウントではティーザーポスターも公開されました。コピーは「友情はいろんな色でやって来る。」
MLPTMteaserposter.jpg

「マイリトルポニー・ザ・ムービー」はアメリカで10月6日公開予定です。