So-net無料ブログ作成
検索選択

エクエストリアガールズのweb短編&ミュージックビデオ [エピソード]

jhlte.jpg

MLPのスピンオフとして始まり独自のファンを増やした「マイリトルポニー・エクエストリアガールズ」ですが、14日にはポーランドでエクエストリアガールズTVスペシャルが放送開始になり、今年の映像展開が始まります。このシリーズは日本語吹き替え版がある本編の4本のムービーの他にプロモ用のweb短編が多く作られました。その中には各ムービーの間の橋渡しや、世界観やキャラクターをより掘り下げる重要な要素が含まれていますので、ファンの方にはぜひ合わせて見て頂きたいものです。
ここでは今までバラバラにご紹介した日本語字幕付きの各短編をまとめて発表順に整理してみたいと思います。

「レインボーロックス・アニメーテッドショーツ」
第二作「レインボーロックス」のプロモのために公開の半年も前の2014年3月から6月の間に順次公開された8本の短編です。内容は主にHumane6がいかに担当する楽器を選んだかという経緯。最初の一本は本編のクライマックスで大活躍するDJ-PON3のミュージックビデオ。
8本まとめてどうぞ。なお、最後にMLP-EqGレインボーロックスの最初のティーザー予告編が入っています。


こちらはレインボーロックス公開直前の8月に公開された「マイリトルポニー・フレンズ」という曲のミュージックビデオ。内容は第一作目のダイジェスト版。この曲は製作段階では第一作のエンディングとして作られたMLPメインタイトルのアレンジ曲ですが、完成版では別の曲「ア・フレンド・フォー・ライフ」に差し替えられました。


そしてレインボーロックス公開後の2014年11月に単発でリリースされたトリクシーの劇中曲「トリックス・アップ・マイ・スリーブ」のミュージックビデオ。新作動画はありませんがトリクシーの魅力を引き出しています。


***

2015年の4月1日に「レインボーロックス・アンコール」というシリーズ名でリリースされたミュージックビデオ3本、サンセット・シマーが強力に推されています。公開が終わってずっと後にこんなプロモ動画が出るとは、レインボーロックスはよほどヒットしたんでしょうね。

「ライフ・イズ・ア・ランウェイ」
レアリティ主演のミュージックビデオ。ライラ、ボンボン(スウィーティドロップス)、チアリー、ダーピーなどの華麗なステージドレスが見所。


「マイ・パスト・イズ・ノット・トゥディ」
過去の悪行を悔いて、新しい自分に生まれ変わるサンセット・シマー。フルコーラスで聞いてみたい曲です。3作目以降の普段着(ジーンズと裾が半透明なワンピース+オレンジのストライプのレザージャケット)はこのビデオが初出。


「フレンドシップ・スルー・ザ・エイジズ」
各時代を代表するファッションと音楽で歌い踊るHumane6、主人公はサンセット・シマー。


***

2015年の8月に第三作「フレンドシップ・ゲームス」のプロモとして公開された5本の短編アニメーション。内容はフレンドシップ・ゲームスの前フリ。

「サイエンス・オブ・マジック」


「ピンキー・スパイ」
ピンキーがネタを振りまくります。


「オールズ・フェア・イン・ラブ&フレンドシップゲームス」
本編では大人しいライラとボンボンの仲良しカップルが大暴れ。


「フォト・フィニッシュド」
学校の記録写真係を依頼されたフォトフィニッシュが全校を恐怖に陥れます。フレンドシップ・ゲームスとは直接関係ないストーリー。


「ア・バナー・デイ」
男子がメインの話。


***

そして2016年5月3日に単発リリースされたのが「フレンドシップ・ゲームス」のNG集(もちろん新規作り起こし)「フレンドシップゲームス・ブルーパーズ」です。


***

これ以降はスタジオdhx内でMLP:FiMに加えMLP・ザ・ムービーも同時に制作されるようになりリソース不足になったのか、第四作「レジェンド・オブ・エヴァーフリー」の時はプロモ用web短編はリリースされませんでした。
今年のTVスペシャルには付帯してミュージックビデオが制作されると言う情報があり、低画質の動画が流出したこともありますのでTVスペシャル本編共々期待して待ちましょう。

「プラチナ王女と二姉妹のバラッド」 [2次創作]

ロシアのDark Room Collaborationというグループが発表した二次創作動画、「プラチナ王女と二姉妹のバラッド」を日本語字幕付きでどうぞ。オリジナルはこちら

ロシア語で歌われるバラッド形式の物語のこの動画はS2E11の劇中でレアリティが演じた昔のユニコーンのプリンセス「プリンセス・プラチナ」と若きセレスティアとルナの物語ですが、この城でのストーリーは2014年に刊行されたMLPの公式ガイドブック「ジャーナル・オブ・ザ・ツーシスターズ」の中の一節が元になっています。
ちょっと前にも若い頃のルナ主演のミュージカル動画「スペア」をご紹介しましたが二次創作でのセレスティア・ルナの過去話の人気はあいかわらず高いですね。

タイランドポニーコンで上映されたMLP・ザ・ムービーのクリップ [新着情報]

TPClogo.jpg
今年の4月8日にタイのバンコクで開催されたポニーイベント、「タイランドポニーコン2017」でハズブロの協力で10月にアメリカで公開の「MLP・ザ・ムービー」の未公開クリップが試写されたようです。
試写の間は撮影などが禁止されていたため画像はありませんが、開催者が発表したイベントの様子をまとめた英文レポートにその様子が書かれていますのでその部分だけを抜粋してご紹介しましょう。
なお、原文の英語があまり正しくないので私が意味を推測して補った部分があります。
原文はこちらなどに掲載されています。

●最初のクリップは予告編で、先に公開されたものとは違うものだった。
ほぼ完成したアニメーション、素晴らしい演出、フレームレートは高く背景はデティールに富んでいた。
キャラクターアニメーションはとても生き生きとしてスムーズだった。
またこのクリップにはSIAを含むゲストスターによるいくつかの新曲が含まれていた。

●第二のクリップは予想外な内容で、映画的なフィーリングにあふれていた。
ペガサス達がどこかを目指して飛び、画面はオーケストラ音楽とともにエクエストリアでの生活を描写していた。そして最後に「My Little Pony the Movie」のロゴが出て終わった。それは映画のオープニングシーンだったのだ。

●第三のクリップは映画から切り出されたミュージックビデオで、完成状態ではなくアニマティック状態だった。
***と***が歌を歌い、___がウッドドラムを演奏していた。(伏字は原文のまま)
とてもディズニー的(モアナ、アナと雪の女王、アラジンを思い出させる)であなたは決してがっかりしないだろう。

●「エクエストリアガールズ5」がすでにハズブロによって確認されているとのアナウンスがあった。
(訳者注:これが果たして今年放送のTVスペシャル3本の事なのか、それとも新たなムービーの事なのか不明ですが、この日の時点ですでにTVスペシャルの情報は出回っていたので後者なのでしょうか。)

このイベントから1か月以上経ちましたがこれらのクリップが他のルートで公開されるのはいつになるのでしょうか。

シーズン7のエピソードタイトル [新着情報]

この記事でお伝えしたようにシーズン7の放送ではカナダが先行することになり、6月10日放送分、エピソード16までの放送スケジュール(変更の可能性もあるそうです)が出ています。
その情報の提供者GeorgeQGregさんはそれ以降のエピソードのタイトルも明らかにしています。MLPのポータルサイト、エクエストリア・デイリーによると各エピソードタイトルが正しいと言う裏付けを確かなソースから取ったと言う事ですが、どこのどういうソースなのかは明らかにしていません。


Episode 17 Campfire Tales
「キャンプファイア・テールス」
↑これはすでに6月10日放送と情報が出ているエピソードですが、その情報ですとこれはエピソード16となります。エピソードの製作順と放送順が違うのは良くある事ですので、以下のエピソード18~22は放送順にすると17~21となるはずです。
なお、これらのエピソードについては現時点でタイトルのみ判明していて、あらすじなどはわかっていません。また、6月10日以降も土曜・日曜に新作を放送する体制が続くのかについても不明ですので放送日も未確定になります。

Episode 18 Daring Done
「デァリン・ダン」
デァリン・ドゥをもじったタイトル。当然彼女が登場するストーリーと思われます。

Episode 19 A Health of Information
「ア・ヘルス・オブ・インフォメーション」
タイトルはWealth of Information(豊富な情報)のもじり。

Episode 20 To Change a Changeling
「トゥ・チェンジ・ア・チェンジリング」
(「チェンジリングを変えるには」)

Episode 21 It Isn’t the Mane Thing About You
「イット・イズント・ザ・メイン・シング・アバウト・ユー」

Episode 22 Once Upon a Zeppelin
「ワンス・アポン・ア・ツェッペリン」
ツェッペリンとは大型飛行船の一般名称。

airship.jpg

カナダでの先行放送について [エピソード]

S
当ブログの最近のエピソード関係の記事をご覧になればおわかりですが、これまでアメリカのディスカバリーファミリーchと合わせたスケジュールでエピソードを放送していた、MLPをカナダで放送しているTreehouseTVと言う放送局は4月29日から土・日の両日に新エピソードを放送する構成になりました。つまり毎週アメリカ放送分との最新話がどんどん離れて進んでいくわけですね。
去年シーズン6放送の時も終盤エピソードがイギリスの放送局TinyPopで先行放送される事態があったのは記憶に新しい所ですが、ハズブロとしては特にこれを問題視しなかったようで今回も新エピソードがアメリカに先行して他国で放送されることになりました。
ファンとしては早く新作が見られる嬉しさと早く見終わってしまう辛さで悲喜こもごもですね。
今シーズンは毎週一本のペースで休みなく放送した場合9月末にフィナーレを迎え、盛り上がったまま10月6日に公開される劇場版「MLP・ザ・ムービー」を迎える…という計算された放送スケジュールだったと思われますが、ネットストリーミング等を使わないと見られない他国での放送までチェックするようなファンは少数でしょうからアメリカでの映画のマーケティングには影響は少ないと判断されたのでしょう。

アメリカの一部のファンにとってはこれは歓迎できない事態なので不平不満を訴えたりカナダ放送を「ネタバレ(spoiler)」と呼ぶ発言も見られますが、カナダ放送もハズブロ公認のスケジュールですので自国中心の不当な決めつけ発言と言えます。ましてや第三国である日本のファンがこれに加担してカナダについて文句を言うなどは全くのナンセンスではないでしょうか。

カナダ先行放送についてはGeorgeQGregと言う方が情報を流していますが一応の信憑性があるようですのでそのソースの放送スケジュールをまとめておきます。

現時点でS7E07まではすでに放送済み。
一部以前のこの記事この記事の重複になりますが各エピソードのあらすじも添えておきます。

S7E08「ハード・トゥ・セイ・エニシング」5月13日(土)
ビッグマックが初恋に落ちた?!それを聞いたキューティーマーク・クルセイダーズは彼がライバルのフェザーバングより先にシュガーベルのハートを射止めるのを絶対助けると誓う。

S7E09「オネスト・アップル」5月14日(日)
アップルジャックがレアリティにファッションショウの審査員をして欲しいと頼まれた時、アップルジャックはたとえ正直な意見であっても時に他者を傷つけてしまう事があると学ぶ。

S7E10「ア・ロイヤル・プロブレム」5月20日(土)
スターライト・グリマーはセレスティアとルナの問題解決に派遣された。原因は両名がお互いを尊重していない事だと明らかになり、スターライトは両名のキューティマークを良く考えずに魔法で取り換えてしまう。

S7E11「ノット・アスキング・フォー・トラブル」5月21日(日)
ピンキーパイがラザフォード王子の居るヤクの国ヤクヤキスタンを訪れた時、雪崩で一つの田舎村が埋められてしまう災害が起こる。ピンキーは他のポニー達に助けを求めに行こうと言うがプライドの高い王子とヤクたちはそれを拒む。

S7E12「ディスコーダント・ハーモニー」5月27日(土)
ディスコードがお茶会にフラタシャイを家に招待するが、フラタシャイの居心地が悪いのではないかと心配するあまり家と自分自身の姿を変え始め、悲惨な事になってしまう。5月27日放送。

S7E13「ザ・パーフェクト・ペア」5月28日(日)
アップル兄妹は両親達のラブストーリーを聞き、彼らが半分ペア(梨)家の血筋と知る。

S7E14「フェイム・アンド・ミスフォーチュン」6月3日(土)
トワイライトは「フレンドシップ日記」を出版するが、それを読んだポニー達が「誰が一番いい友情レッスンを書いたか」という口論を始めるという思いがけない結果を招く。

S7E15「トリプル・スリート」6月4日(日)
スパイクはうっかりエンバーとトーラックスを同じ日にポニービルに招待してしまった。両名のリーダーが仲が悪いに違いないと思ったスパイクは全力を尽くして彼らを分離してもうひと方がポニービルに居ると気付かせまいとする。

S7E16「キャンプファイア・テールズ」6月10日(土)
あらすじ未発表。

GeorgeQGregさんによるとこれ以降の放送スケジュールは不明だそうです。

シーズン7 エピソード7 [エピソード]

「ペアレンタル・グライダンス」日本語字幕。初放送日は2017年5月7日(カナダのTreehouseTV)でした。

カナダのTreehouseTVで変則的に土曜・日曜の両方に新作が放送されるようになって2回目の週末、アメリカのディスカバリーファミリーTVの放送の最新作はS7E05でしたので2本の差が付いたことになります。
なお、このエピソードは2010年10月10日にこの番組の放送が始まってから通算150本目の放送になります。

7年目にして初めて登場したレインボーダッシュの両親。今までなぜ姿を見せなかったのかと言うと…レインボーダッシュが両親を他のポニーに会わせたくなかった理由があったようです。
(この記事は執筆中です)

シーズン7 エピソード6 [エピソード]

「フォエバー・フィリー」日本語字幕。初放送日は2017年5月6日(カナダのTreehouseTV)でした。

S5E14S5E15に登場したサシー・サドルスとS4E19に登場したジッパワールが再登場。
(この記事は執筆中です)

エクエストリアガールズTVスペシャルあらすじ判明 [エピソード]

My Little Pony Equestria Girls Magical Movie Night.jpg
アメリカでMLPとエクエストリアガールズのDVDを出している「シャウト!ファクトリー」のサイトの情報によると、エクエストリアガールズの「3本立て」DVD「マジカルムービーナイト」が8月8日に発売との事です。
収録時間66分、シングアロング(劇中歌の歌詞が出て一緒に歌えるコンテンツ)付き。
これは近日放送のTVスペシャル3話を収録した内容と思われます。サイトには各話のあらすじも載っています。
以下あらすじの翻訳と解説ですが、結果的にネタバレとなる可能性がある私の予想を含んだ文章となっていますのでご注意ください。
unknownEqG_StarlightGlimmer.png
作者不明のファンアート。

続きを読む


シーズン7エピソード11~17のあらすじ [新着情報]

MLP55-cover .jpg
ちょっとネタかぶりな6月発売の公式コミック№55の表紙。

シーズン7の11~17話のあらすじがアメリカのTVガイドサイトのZap2itに掲載されました。
リスト中の放送予定日は現在エピソードを週に二本のペースで先行放送しているカナダの放送予定になっているようです。また、リスト中ではエピソード番号がE16~E20となっていますがここではすでに判明済みの「E11=ノット・アスキング・フォー・トラブル」と言う情報を元に放送順で番号を振りなおしています。

E11「ノット・アスキング・フォー・トラブル」
ピンキーパイがラザフォード王子の居るヤクの国ヤクヤキスタンを訪れた時、雪崩で一つの田舎村が埋められてしまう災害が起こる。ピンキーは他のポニー達に助けを求めに行こうと言うがプライドの高い王子とヤクたちはそれを拒む。5月21日放送。
S5E11に出てきたヤクヤキスタンの王子、プリンス・ラザフォードとヤクの国ヤクヤキスタンが登場。ただしヤクヤキスタンは入り口の門しか出なかったので実際にどんな所なのか見られるのは今回が初めてになります。


E12「ディスコーダント・ハーモニー」
ディスコードがお茶会にフラタシャイを家に招待するが、フラタシャイの居心地が悪いのではないかと心配するあまり家と自分自身の姿を変え始め、悲惨な事になってしまう。5月27日放送。
ディスコードの家はS5E07が初出ですが確かに普通の神経だと居心地が悪そう。


E13「ザ・パーフェクト・ペア」
アップル兄妹は両親達のラブストーリーを聞き、彼らが半分ペア(梨)家の血筋と知る。5月28日放送。
事前情報でも出ていた過去エピソード。死去した(と今まで劇中でほのめかされている)アップルジャック達の両親のなれそめを描くストーリー。「ロミオとジュリエット的な話」と言う情報も出ていました。ペア(梨)とペア(対になるもの)をひっかけたタイトル。


E14「フェイム・アンド・ミスフォーチュン」
トワイライトは「フレンドシップ日記」を出版するが、それを読んだポニー達が「誰が一番いい友情レッスンを書いたか」という口論を始めるという思いがけない結果を招く。6月3日放送。
フレンドシップジャーナルとはS4でMane6達が書いていた友情レッスン交換日記の名前。その日記を本にして出版した…と言う設定なのでしょう。


E15「トリプル・スリート」
スパイクはうっかりエンバーとトーラックスを同じ日にポニービルに招待してしまった。両名のリーダーが仲が悪いに違いないと思ったスパイクは全力を尽くして彼らを分離してもうひと方がポニービルに居ると気付かせまいとする。6月4日放送。
S6E05以来のスパイク回のようです。「スパイクメイン回ではポンコツになるスパイク」と言うジンクスをS6E05で破ったスパイクですが、果たして今回は?

シーズン7 エピソード5 [エピソード]

「フラタシャイ・リーンス・イン」日本語字幕。初放送日は2017年4月30日(カナダのTreehouseTV)でした。

ケガをしたペットのウサギ、エンジェルを獣医のファウナの所に連れて行くフラタシャイですが、診察室は動物達で一杯でした。治療を受けた動物達が帰ろうとしないためです。
ファウナ先生の優秀さを自分が言いふらし、それが動物達の耳に入ったのが原因と知ったフラタシャイはこの現状を変えるために前からの夢だった「開かれた動物保護区」を作る事を決心します。しかし、夢を実現するためには親友が推薦してくれた専門家達に自分のビジョンに則って作業してもらう必要があるのですが…
公式小説作家のG・M・ベローさんのS5E19に続く2本目の脚本作品です。
獣医のドクター・ファウナはS2E10に続く2回目の登場。前回はスパイクと同じキャシー・ウェズラックさんが声の担当でしたが、今回ははるかに出番の多い重要な役になってプリンセス・セレスティア/チアリーのニコール・オリバーさんが演じています。
(この記事は執筆中です)

シーズン7 エピソード4 [エピソード]

「ロックソリッド・フレンドシップ」日本語字幕。初放送日は2017年4月29日でした。

大学院を卒業して岩石学の博士号を取ったモードパイ。モードが大好きな妹のピンキーは転居先の候補にポニービルが入っていると知ってただでさえ高いテンションをさらに大爆発させます。
何とかポニービルをモードに売り込もうと必死になるピンキーですが、例によってやりすぎの努力が空回りしてしまいます。実はモードが本当に求めていたのは語り合える友達でした。
そして偶然出会い頭にぶつかったスターライト・グリマーはモードの不思議な魅力に惹かれて行きますが…
今回もストーリー中枢にからむスターライト。新・主人公のポジションを固めているようですね。
実は凧揚げが趣味だったという意外な一面も披露されました。
何と以前調査旅行中のモードが偶然建設中の「イコール村」を通りかかり、住民のキューティーマークを取り上げる方法を探していたスターライト・グリマーに助言までしていた事が判明。
モードとスターライトが見つけた桃源郷のような洞窟は彼女達が発見した友情の象徴なのでしょうか。

(記事はこの後加筆します)

CNBronyCon(中国ポニーイベント) [イベント]

CNBonyCon.jpg
各部門で成長目覚ましい中国ですが、この度本格的なMLPコンベンションが開催されるようです。
こちらが中国の広州で7月29-30日に開催される「CNBronyCon2017」のサイト。会場は空港近くのホテルでアクセスは良さそうです。
フラッシュセントリーとスターライト・グリマーの声優さん達(ビンセント・トンさんとケリー・シェリダンさん)を実際に現地ゲストとして呼ぶとの事。

チケットに多くのグレードがあってグレードが高くなるほど色々な特典が付くというのもBABSCONなどの欧米のポニーイベントのシステムをなぞっていますね。
CNbronycon_tickets.jpg
各グレードの名前もどこかで聞いた事があるような名前のが多いです。
一番上のグレード「アリコーン」の特典の内訳は上から:

2日間入場券
DJナイト入場券
カタログ(コンブック)
オリジナルTシャツ
トートバッグ
限定バッジ
WEBサイトにスポンサー表記
マグカップ
マスコットOCぬいぐるみ
青焔(台湾のアーチスト)制作のぬいぐるみ
開閉幕式で表彰
オリジナルタオルとオリジナルマグネット
(おそらく声優さんの)サインチケット2枚
(おそらく声優さんとの)フォトチケット2枚
優先入場権
(おそらく声優さんと)ディナーできる権利
カタログにOCが出る権利
PWシリーズの等身大ぬいぐるみ

となっています。ぬいぐるみが3個、しかもそのうち一個は等身大!
このアリコーンクラスのチケットの値段は8888人民元なので大体14万4千円となりますが中国の富裕層MLPファンならばポンと出せる価格なのかもしれません。
一番安いチケットは1600円。

各種チケットは通販サイトtaobaoの専用ページから購入するシステム。
CNBronycon_taobao.jpg
ホテルは一日あたり一室約5000円、一人当たり約2500円となっています。
欧米のポニーイベントに行くよりはハードルが低いですね。中国旅行に自信のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
(このブログではネット上で得た情報のみを元にこの記事を構成しましたので、このイベントの実際の信用度、開催の確度などについての責任は負う事が出来ません。予めご了承ください。) 中国語協力:こんがりトーストさん