So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

公式小説 アップルジャック編 [書籍]

51YZmDJX8fL._SS500_.jpg
Little,Brown社より刊行されているMane6を一編づつ主人公にしていく小説シリーズの5冊目は日本でのファンが多いアップルジャック編です。タイトルは「My Little Pony: Applejack and the Honest-to-Goodness Switcheroo」。
IMG_0864.jpg

作者は今までと同じ、G・M・ベローさん。
以下、結末部分を除いたあらすじがありますのでご自分で読みたい方はネタバレにご注意ください。

アップルパイの早食い大会から幕を開ける今回。アップル一家のスイートアップルエイカーズ農場がエクエストリア1の農場に選出されるかも!という知らせがもたらされます。しかしそれには審査員が訪れる前に農場を隅々まで片付けてリンゴの生産量の記録を取らなくてはいけません。
喜んで家族にその報告をしようとしますが、ビッグマックとアップルブルームに意気込みを理解してもらえず、意気消沈するアップルジャック。
その夜、グラニースミスの物置きでの物探しを手伝うアップルジャック。偶然発見したのは、子馬の頃毎日遊んでいたカウポニーの人形「イーハー」と… 母の遺したスケッチブックでした。
(イーハーの足の裏には「A.J.」と持ち主の名前が書いてあります。「トイ・ストーリー」のウッディみたいですね。)

アップルジャックの両親は死亡しているとシリーズデベロッパーのローレン・ファウストさんが以前発言していて、その事については本編中では直接触れられていませんが、それを思わせる描写がシーズン3のエピソード「Apple Family Reunion」の中にありました。

今回の小説でも母親がどうなったのかは語られていませんが、文中の描写を拾うと

◯これはアップルジャックの母(名前は出てきません)が今のアップルジャックぐらいの年齢だった時に持ち歩いて、農場の風景の絵を描いたスケッチブックである。

◯彼女はじきに絵を描くことに飽きてしまったので、絵が書いてあるのは最初の12ページぐらい。

人形とスケッチブックを見たアップルジャックに感情の波が押し寄せます。彼女はそれをそっと自分の部屋に持っていくのでした。
AJsadbook.png
次の日からアップルジャックに助けが必要と知った親友たちが毎日手伝いに来てくれる事になりました。最初はピンキーです。でも、彼女の個性が悪い方向に発揮されてしまい、作業はちっとも進みません。フラストレーションでいっぱいになるアップルジャック。
その夜、ふとピンキーについて面と向かっては言えない不満を母の遺した本に書いてみるアップルジャック。すると胸のわだかまりを吐き出したことによって、ストレスが解消したのです。
その後も作業は思ったように進まず、アップルジャックの親友批判日記は毎日続きました。
嘘が言えないアップルジャックにとって、言いたいことを言わずにがまんするにはこれが必要な事だったのです。
そしていよいよ明日は審査員が農場に訪れるという日。大変なことが起きてしまいます。
アップルジャックの留守に「友情の交換日記」(S4E03からMane6が友情についてのレッスンを書くことにした交換日記)を取りに来たレインボーダッシュに、アップルブルームが間違えてアップルジャックの母のスケッチブックを渡してしまったと言うのです!
アップルジャックの親友批判がみんなに読まれてしまいます。アップルジャックと親友たちの間の友情は果してどうなるのでしょうか…?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~


シーズン4のキーアイテムの交換日記が出てきたり、その他TVシリーズの設定を拾っているところは枚挙にいとまがなく、小説とTVの世界はもはや同じと言っても過言ではありません。最初のトワイライト編あたりでは、結構乖離していたんですけどね。
最近のSDCCやブロニーコンでのパネル発言で、「TV・コミック・小説はどれも等しく公式」という趣旨の発言もありましたし、この小説の作者のG・M・ベローさんが来年から放送されるシーズン5の脚本チームに参加するという知らせもありましたので、これからTV・コミック・小説の世界はますますシームレスに繋がっていくことと思われます。

そして巻末にはおなじみ、Enterplay社提供の特大スタンディカードの付録付きです。
ajbookcard.jpg

日本Amazonの商品ページはこちら
http://www.amazon.co.jp/Little-Pony-Honest---Goodness-Switcheroo/dp/0316248258/

これまでの同シリーズの紹介記事はこちら。

トワイライト・スパークル編レビュー
http://mlp.blog.so-net.ne.jp/2013-04-16

ピンキーパイ編レビュー
http://mlp.blog.so-net.ne.jp/2013-07-18

レインボーダッシュ編レビュー
http://mlp.blog.so-net.ne.jp/2014-01-24

レアリティ編レビュー
http://mlp.blog.so-net.ne.jp/2014-04-14-1



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

ponyCrown

記事を読んだらおもしろそうな内容ですね。
英語よめないのが、悲しい。(>_<)
アニメ本編でやってくれないかな?
ファンが作ったりして・・・
by ponyCrown (2014-08-07 20:27) 

Stinken

MLPファンの間では完成度の高い自作アニメがいろいろ作られてますからね!それに、脚本のネタがなくなったら既存の本やコミックもアニメの原作になるかもしれません。
by Stinken (2014-08-07 20:40) 

ponyCrown

ダブルレインボーは最初公式なのかな?って思ってました。
高クオリティすぎて驚きました。
by ponyCrown (2014-08-11 23:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0