So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

シーズン7 エピソード23 [エピソード]

「シークレッツ・アンド・パイズ」日本語字幕。初放送日は2017年10月14日でした。

通算166話目。
題名は「シークレッツ・アンド・ライズ」(秘密と嘘)という言い回しのもじり。
なお、このエピソードは2017年10月7日頃ネット上にファイルが出回りました。ハッキングされた結果と言われていますが詳細不明。

レインボーダッシュを喜ばせようと丹精込めてパイを作るピンキー。「パイ」は彼女の名前なのですから一生懸命にもなるのも当然ですよね。それをもらったレインボーダッシュは、なぜか食べるふりをしてそのパイを捨ててしまいます…

精神的に追い込まれるピンキー。S1E25の時のように人格崩壊してまずい状態になってしまうのではないかとヒヤヒヤしますが、各所に盛り込まれたギャグに助けられ、またピンキーの6シーズン分の成長でこらえてくれます。

S7E23_Pinkie_on_the_case.jpg
途中から探偵モードになって疑惑を調査するピンキー。S2E24「MMMystery on the Friendship Express」の時に使ったシャーロック・ホームズ帽子とパイプ(シャボン玉用)が再登場です。

S7E23_Pinkie_ and_theory_board.jpg
壁のボードに写真や証拠のパイを張り付け、相関関係を表す毛糸を張って謎を解こうとするピンキー。どうでもいいけど写真に赤でバツをつけると殺されてしまったような感じですね。ピンキーが聞き込みに行く獣医のDr.ファウナとチアリー先生はどちらもニコール・オリバーさん(プリンセス・セレスティア)が声を担当。
Photo_of_Cheerilee_X'd_out_on_Pinkie's_theory_board_S7E23.jpg


S7E23_evil_rainbowdash.jpg
ピンキーの妄想の中に出て来る邪悪なレインボーダッシュ。体の輪郭などがカクカクしています。

今回アップルジャックが数か所でピンキーと絡みますが、ピンキーのノンストップのボケの要所要所にナイスなタイミングで突っ込むのがいい味を出していました。最近のシーズンでは素朴、常識人といったアップルジャックの特性が活かされる局面があまりなかった(むしろマイナス要素として使われることが多かった)のですが、こういう方向性をもっと伸ばして行ってもらいたい物です。


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。