So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

シーズン7 エピソード19 [エピソード]

「イット・イズ・ノット・メーン・シング・アバウト・ユー」日本語字幕。初放送日は2017年9月16日でした。

通算162話目。
脚本は別番組に関わっていたためしばらくMLPを離れていたジョッシュ・ハーバーさんが復帰。
今回魔法でたてがみを治すことは出来ないという新設定が登場。以前S2E06「The Cutie Pox」ではゼコラがアップルブルームの欠けた歯を治す薬を作っていましたし、古くはS1E06「Boast Busters」でトワイライトがヒゲを付ける魔法をスパイクを実験台にして練習していましたが、なぜたてがみは魔法で治せないのでしょうか。セレスティアやルナの常にたなびいているたてがみは確かに魔法と密接な関係があるのかもしれません。

劇中に出て来る雑誌「バニティ・メア」とは実在のファッション・カルチャー雑誌「バニティ・フェア」のもじり。

ラストシーン(エピローグ)部分はそれまでの数か月後の出来事になっていますが今までこういう演出は無かったので一つのエピソードの中で流れた時間としては最長記録ですね。
最長と言えば今回のコールドオープンパート(オープニングタイトル前の部分)は3分9秒も続きますがこれは恐らく今までの最長記録。


ストーリーとは直接関係ありませんが今回色々背景で以前のエピソードで出て来た内容が出て来ていました。
こちらは同じくS7E13「The Perfect Pear」よりアップルジャック達の父ブライト・マックの旧友バーント・ウッドと話すアップルブルーム。
AB_and_Burnt_Wood_S7E19.jpg

こちらはアップル農場のシーンでS7E08「Hard to Say Anything」でビッグマックといい仲になったシュガーベルがビッグマックと一緒に歩いている所。
Bigmac_and_SugerBelle_S7E19.jpg


このキツツキにも注目、この後も何回も出て来てレアリティにからむというギャグをやってくれます。
running_gag_woodpecker_S7E19.jpg


今回初めてシーズン1から顔を出していて、「酒好き」とファン設定がつけられた「ベリーパンチ」(ベリーシャイン)がしゃべりました。

今回ツンツンモヒカンのパンクヘアーになったレアリティが最後には元に戻るわけですが、欲を言えばこのヘアスタイルのまま数話活躍して欲しかった気もします。かっこいいのにもったいない…

nice!(0)  コメント(0)