So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

エクエストリアガールズ・デジタルシリーズ「オール・ザ・ワールズ・オフステージ」 [エピソード]

今年もよろしくお願いいたします。
昨年も押し詰まった2017年12月30日にディスカバリーファミリーチャンネルのアプリのコンテンツとしてエクエストリアガールズ・デジタルシリーズが5本公開されました。いずれも三種類の後半部分を視聴者が選ぶことによってストーリーを変えられる「ユー・チューズ・ザ・エンディング(あなたが選ぶエンディング)」と言うインタラクティブ作品で、5本のうち1本は以前Youtubeで公開された「ベスト・トレンズ・フォエバー」、そして残りの4本は初公開の新作でした。この4本で学芸会のストーリーアークは完結のようです。今回はそのうちの1本目「オール・ザ・ワールズ・オフステージ」をご紹介します。
題名はシェイクスピアの戯曲「お気に召すまま」に出てくる「all the world's a stage(世界は全てひとつの舞台)」と言う台詞のもじりです。

学芸会の劇の舞台監督のサンセット・シマー。場面転換で大きな背景を動かす必要があるのですが、どうもスムーズにいきません。トワイライト、ピンキー、マイクロチップスの誰かを選んでアイデアを出してもらいましょう。

3種類の選択をした場合の動画(日本語字幕付き)をそれぞれフルでどうぞ。

まずトワイライトを選んだ場合。

トワイライトの魔法パワーを使えば背景の移動は楽々…と思いきや、彼女が使うのは自作のロボット。
前にミュージックビデオ「マッド・トワイエンス」の中でロボット犬を作っていましたが、今回のはスターウォーズのドロイド風の一輪のタイヤで移動するロボットです。

こちらはピンキーを選んだ場合。

ピンキーが使うのは…もちろん風船。
スネイルズは風船が苦手なようです。

そしてこちらがマイクロチップスを選んだ場合。

バックグラウンドのガリ弁キャラのマイクロチップス、主要キャラを押しのけて堂々の選択肢の一つになりました。果たして天才的頭脳の生み出す戦略は…?

nice!(0)  コメント(0)